このページの本文へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない- 第1回

趣味グルマに乗ろう!

憧れの米軍車両「HMMWV(ハンヴィー)」を手に入れた!

2015年11月20日 17時00分更新

文● にゃかむら、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハンヴィーをこうして手に入れた!

 ハンヴィーの内装は金属むき出しで、ダッシュボードもエアコンもカーステもなければ防音設備も何にもナシ。ドアの隙間から雨も吹き込む。そのままではとてもじゃないけど売れないって話ですよね。

内装にはクッションになるような物はなにもなし

 ハンヴィーは用途に合わせて様々な型があって、基本となるのはM998という型番の貨物・兵員輸送型。荷台が幌になっている幌車です。ワタシのは海兵隊が使っていたヤツで、M998なので幌車だったはずだけど、現在はスラントバックと呼ばれる、屋根とリアハッチが付いたタイプになっています。スラントバック車はM1025という型番になり、ワタシのはさらにウィンチを増設したM1026という型番。M998改M1026仕様ってとこかな。

軍の登録プレート。CGO/TRP CARRは貨物・兵員輸送車のこと。HMMWVや型番のM998の文字が書かれている

フロントについている電動ウィンチ

 買ったのは約1年前の2014年10月ごろ。10年ほど前にイベントで見てからというもの、いつかは欲しいと思いながらも、まぁ無理だよねと憧れるだけの存在だったんだけど……。

 1年前のとある日。買うわけじゃないけど見るだけ~とネットでハンヴィーの中古車を検索していたら、スカイオートというアメ車ショップに在庫があるのを発見。好きなのはスラントバックのタイプなんだけど、それは幌のM998でした。でもとにかくハンヴィーの実車をよく見てみたいということで、見学に行くことに。

 で早速ショップに行って見せてもらったら、もう新車のようにピカピカ。聞けば、フルレストアと全塗装を施してあるとのこと。随分程度がいいなーと思ってじっくり見せてもらっていたら、「実はもう1台入ってきたんですよ。入ったばかりなので雑誌にもネットにもまだ出してないんですけど」と。お、そっちも見せてくださいよと裏のヤードに行くと、そこにあったのはまさしくスラントバック車! おおっ!

 ただ、屋根とリアハッチは軍のものではなく、民生品のレプリカでした。んー、惜しい。と思いきや、なんとミリタリーの一式があるんでそれに付け替えて販売すると。なんですとーー!?

 しかも屋根とリアハッチだけでウン百万するのに、幌車よりは程度が落ちるから向こうより少し安くしますよと……。まままマジですかーーー!?

 これはもしかして運命的な出会いなのでは!? と自分に都合のいい解釈をしつつ、「買わずにする後悔より買ってする後悔」の格言が頭をチラつき、物欲の神様が降臨してきて耳元で買っちゃえとささやくので、つい「買います!」と(´ー`)

 手付け金って1万でもいいっすか!? と、そのとき持っていた全財産の1万円札をバーンと差し出してキープ! ヤバい。買っちゃったよ。いやまだ手付金だけだけど。

購入したショップ『スカイオート』。埼玉にあります

 というわけで、何とか資金をかき集め、足りない分はローンにして購入。ついにオーナーになった次第です。

(次ページでは、「ハンヴィーを運転中に気を付けること」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ