このページの本文へ

ASCII HealthTech 注目情報

メドレーの調剤薬局窓口支援システム「Pharms」説明会レポート

オンライン解禁からクラウド化へ次世代薬局はどう進化するのか

国内トップのオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」を開発する株式会社メドレーは、オンライン服薬指導にも対応する調剤薬局窓口支援システム「Pharms(ファームス)」の9月開始にあわせ、オンライン説明会を9月9日に開催した。

内容を読む

オンライン解禁からクラウド化へ次世代薬局はどう進化するのか

初期設定費が無料、年間利用料が3年間半額になるキャンペーンも実施中

診察中の会話からバイタルデータなどを電子カルテに記述するスマート医療秘書「=kanata!=」

kanataは9月24日、構文解析機能と音声認識、RPAを組み合わせたスマート医療秘書「=kanata!=」の提供を開始した。

内容を読む

診察中の会話からバイタルデータなどを電子カルテに記述するスマート医療秘書「=kanata!=」

ASCII HealthTech 必読記事

AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港にてサービス開始

ビースポークは訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」をウィーン国際空港の「AirportCity Vienna」にてサービス提供開始した。

2020年09月24日 17時00分

AIチャットボット「Bebot」、ウィーン国際空港にてサービス開始

LINE上ですべて完結するオンライン診療サービス「LINE ドクター」

LINEヘルスケアはクリニックの検索や予約、診断、決済までLINE上ですべて完結するオンライン診療サービス「LINE ドクター」を提供する。

2020年09月16日 17時00分

LINE上ですべて完結するオンライン診療サービス「LINE ドクター」

Open Frontier 特許事務所 パートナー/弁理士 赤津 豪氏インタビュー

知財専門家として経営やR&Dにまで深く入り込む、研究開発型スタートアップ支援の新たなカタチ

従来の特許事務所ともコンサルティングとも違う、スタートアップとの密接な関わり方、大学発ベンチャーがグローバルで活躍するために求められる支援について、技術系スタートアップ企業の知財構築をサポートする傍ら、大阪大学発ベンチャーのヴァスキュリードで知財責任者を務めている、弁理士の赤津 豪氏に考えを伺った。

2020年09月15日 16時00分

知財専門家として経営やR&Dにまで深く入り込む、研究開発型スタートアップ支援の新たなカタチ

メディカルデータカード、医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」にビデオ通話機能を実装

メディカルデータカードは医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」にビデオ通話機能を実装。遠隔診療に活用できる。

2020年09月11日 17時00分

メディカルデータカード、医療機関向けウェブサービス「MeDaCa PRO」にビデオ通話機能を実装

社員同士のコミュニケーション活性化に役立つ企業向けヘルスケアアプリ「LEAF」

Arteryexは社員同士のコミュニケーション活性化に役立つ企業向けヘルスケアアプリ「LEAF」を提供開始する。

2020年09月10日 10時00分

社員同士のコミュニケーション活性化に役立つ企業向けヘルスケアアプリ「LEAF」

OKI、画面に触れることなく操作できる「ハイジニック タッチパネル」

OKIは画面に触れることなくタッチパネルを操作できる「ハイジニック タッチパネル」を開発したと発表した。

2020年09月09日 17時30分

OKI、画面に触れることなく操作できる「ハイジニック タッチパネル」

国土交通省、新型コロナウイルスに対応した今後のまちづくりを検討

国土交通省は『新型コロナがもたらす「ニュー・ノーマル」に対応したまちづくりに向けて』と題した発表を行なった。今後の都市計画などに対する影響などの検討を進めるという。

2020年09月08日 17時00分

国土交通省、新型コロナウイルスに対応した今後のまちづくりを検討

発表した新種のビフィズス菌は、ビフィドバクテリウム属ロンガム種に所属するもので、菌株は「AuB-001」と命名

元浦和レッズ鈴木啓太氏起業のAubが新ビフィズス菌発見の成果発表

元浦和レッズ所属でサッカー元日本代表の鈴木啓太氏が2015年に立ち上げた、アスリートの腸内環境を研究するベンチャー企業AuBが新種のビフィズス菌を発見したことを発表した。

2020年09月04日 15時00分

元浦和レッズ鈴木啓太氏起業のAubが新ビフィズス菌発見の成果発表

Carely上で上司によるラインケアが可能に

企業向け健康管理システム「Carely」 過重労働者の状況を上司に共有できる機能を実装

iCAREは、開発・提供する企業向け健康管理システム「Carely(ケアリィ)」の過重労働機能をリニューアル。Carely上でラインケアまでカバーできる仕様とした。

2020年09月03日 20時00分

企業向け健康管理システム「Carely」 過重労働者の状況を上司に共有できる機能を実装

三井化学株式会社 理事 新事業開発センター センター長 善光 洋文氏

ビジネスモデル転換を迫られる素材メーカーで生まれた情報事業 スタートアップとのコラボを進める三井化学が考えるエコシステムとは

三井化学株式会社は、1912年創業の日本を代表する総合化学メーカーだ。現在は、モビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージング、基盤素材、次世代事業の5つの事業領域を中心に展開している。同社のコーポレートベンチャーキャピタルの立ち上げから携わり、国内外のスタートアップとの多くのオープンイノベーションによる新事業の創出を手掛ける、新事業開発センター長の善光 洋文氏に、同社の新規事業への取り組み、スタートアップエコシステムにおける同社の役割について伺った。

2020年09月01日 16時00分

ビジネスモデル転換を迫られる素材メーカーで生まれた情報事業 スタートアップとのコラボを進める三井化学が考えるエコシステムとは

読影医をサポートする胸部X線画像解析ソフトウェア「EIRL Chest Nodule」

エルピクセルは胸部X線画像の医用画像解析ソフトウェア「EIRL X-Ray Lung nodule」を発売した。画像からの肺がんの疑いのある肺結節の形状を検出し、読影医をサポートする。

2020年09月01日 16時00分

読影医をサポートする胸部X線画像解析ソフトウェア「EIRL Chest Nodule」

株式会社FRONTEO 代表取締役社長 守本 正宏氏インタビュー

AIビジネス最大の壁は認知バイアス 約250社の導入実績を誇るAI「KIBIT」が拡大した理由

FRONTEOは、自然言語処理に特化したAI技術を用いて、リーガルテックやライフサイエンス、ビジネスインテリジェンス事業を展開するデータ解析企業だ。AI分野は、あえて特許を取得せずにノウハウとして秘匿する企業が多いなか、同社は、独自開発の人工知能エンジン「KIBIT」のコア技術を始め、次々と独自技術を特許化している。FRONTEO 代表取締役社長の守本 正宏氏に、特許を取得するべき理由やその活かし方について伺った。

2020年08月25日 16時00分

AIビジネス最大の壁は認知バイアス 約250社の導入実績を誇るAI「KIBIT」が拡大した理由

「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」

「治療用アプリ」が国内初の薬事承認、禁煙治療をサポート

常に患者の側にあるスマホの特性をいかし、個々の患者の治療状況や体調などに合わせて個別化したガイダンスを適時提供する。

2020年08月24日 18時20分

「治療用アプリ」が国内初の薬事承認、禁煙治療をサポート

京大発の素材ベンチャーがガス業界に革命を起こす

ガスボンベがキューブになる未来 小型軽量の次世代Gas as a Service「Cubitan」が持つ可能性

多孔性配位高分子(PCP/MOF)に特化した京都大学発ベンチャー「Atomis」は、次世代ガスボンベ供給サービス「CubiTan」の実用化に取り組んでいる。CEOの浅利 大介氏に、CubiTanの概要と実用化までの計画を伺った。

2020年08月24日 08時00分

ガスボンベがキューブになる未来 小型軽量の次世代Gas as a Service「Cubitan」が持つ可能性

9月の発売を目指す

PHC、お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」にオンライン服薬指導機能を追加へ

医療機関および調剤薬局向けオンライン診療・服薬指導システム「YaDoc Quick」と連携した新機能。

2020年08月21日 19時00分

PHC、お薬手帳アプリ「ヘルスケア手帳」にオンライン服薬指導機能を追加へ

Fリーグ、日本女子フットサルリーグ合計797名に導入

日本フットサル連盟、LINE WORKSを活用した感染症対策を開始

9月より無観客にて開催予定のフットサルの全国リーグ「Fリーグ」「日本女子フットサルリーグ」において、選手や関係者の健康と安全を確保するための取り組みを開始。

2020年08月20日 19時00分

日本フットサル連盟、LINE WORKSを活用した感染症対策を開始

アプリを立ち上げるだけで毎日のストレスケアを実践できる

AIとの会話でカウンセリングが受けられるストレスケアアプリ「SELF MIND」

SELFは、AIストレスケアアプリ「SELF MIND」をリリースした。

2020年08月19日 20時00分

AIとの会話でカウンセリングが受けられるストレスケアアプリ「SELF MIND」

~コロナ対策ニーズソン~2日目リポート

保育器のようなシールドカプセルなどコロナ対策案が集結したニーズソン

NPO法人まもるをまもるがに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、オンラインで「コロナ対策ニーズソン」を開催した。2日目には、評価が高かった上位のアイデアが紹介された。

2020年08月19日 09時00分

保育器のようなシールドカプセルなどコロナ対策案が集結したニーズソン

予防意識を高めよう

リーバー、居住地に合わせた新型コロナ情報表示する「健康予報」

リーバーは8月14日、同社が提供する「LEBER(リーバー)」に「健康予報」機能を追加した。

2020年08月17日 15時30分

リーバー、居住地に合わせた新型コロナ情報表示する「健康予報」

チームコラボレーションツール「toaster team」、医療機関の支援として無償提供

nocoは同社のチームコラボレーションツール「toaster team」を新型コロナウイルス感染症対策として、医療機関に向けて無償提供する。

2020年08月13日 16時00分

チームコラボレーションツール「toaster team」、医療機関の支援として無償提供

14万円台とアシストスーツの中ではかなりリーズナブルな価格を実現、月々3500円からの購入も可能

驚きの楽さ、人工筋肉で中腰の作業や重い荷物を持ち運ぶ際の腰の負担を軽減する「マッスルスーツ Every」を装着しデスクトップPCを持ち上げてみた

イノフィスが開発・販売する「マッスルスーツ Every」は、空気圧を利用した人工筋肉により、重い荷物を持ったり、かがんで作業するときの負担を軽減してくれるのが特徴のアシストスーツだ。

2020年08月12日 17時00分

驚きの楽さ、人工筋肉で中腰の作業や重い荷物を持ち運ぶ際の腰の負担を軽減する「マッスルスーツ Every」を装着しデスクトップPCを持ち上げてみた

「G4A Tokyo Dealmaker」募集締め切りは8月14日

ライフサイエンスの課題を解決するバイエルのマッチングプログラムが3領域の課題で募集中

バイエル薬品株式会社(以下、バイエル)はデジタルテクノロジー企業とのコラボレーションの機会を創出し、革新的なデジタルヘルステクノロジーを支援するオープンイノベーションプログラム「G4A Tokyo Dealmaker 2020」の募集を行っている。

2020年08月05日 09時00分

ライフサイエンスの課題を解決するバイエルのマッチングプログラムが3領域の課題で募集中

Save Medicalと大日本住友製薬、糖尿病管理指導用モバイルアプリを開発

Save Medicalと大日本住友製薬は、2型糖尿病を対象とした糖尿病管理指導用モバイルアプリを共同開発し、国内治験を開始する。

2020年08月04日 17時00分

Save Medicalと大日本住友製薬、糖尿病管理指導用モバイルアプリを開発

医療相談に加え、病院の検索や一般用医薬品の購入が可能な法人向けヘルスケアサービス

ヘルスケアテクノロジーズがオンライン健康医療相談サービス「HELPO」の提供をスタート

ヘルスケアテクノロジーズは7月29日より、オンライン健康医療相談サービス「HELPO」の提供を開始した。

2020年07月30日 18時30分

ヘルスケアテクノロジーズがオンライン健康医療相談サービス「HELPO」の提供をスタート

株式会社Lily MedTech 知的財産部 部長 ガニング 麗奈氏インタビュー

東大発ディープテック企業で求められた知財担当の役割と醍醐味とは

これまでになかった乳がんの検診機器を開発する東大発スタートアップの株式会社Lily MedTechの知財担当者の役割、具体的な業務内容について、同社知的財産部のガニング 麗奈氏に伺った。

2020年07月30日 16時00分

東大発ディープテック企業で求められた知財担当の役割と醍醐味とは

自宅でできる時間別トレーニングメニューを新リリース

習慣化アプリ「みんチャレ」のエーテンラボが東急スポーツオアシスとコラボ

エーテンラボは、東急スポーツオアシスと提携し、自宅でできる時間別トレーニングのコラボメニューを新開発、提供開始を発表した。

2020年07月27日 17時30分

習慣化アプリ「みんチャレ」のエーテンラボが東急スポーツオアシスとコラボ

ポイントは周波数20Hzと痛みを感じにくい技術力、クリスティアーノ・ロナウド選手が監修も担当

隙間時間や在宅勤務中にもトレーニング、痩せるではなく“健康的な身体を目指す”ためのEMSトレーニングギア「SIXPAD」の誤解していた3つのこと

在宅勤務になって、ある課題にぶつかった。運動不足で太ってきているのだ。基本デスクワークなのでなかなか運動する機会も時間もなく、これはヤバいなと思っていた。そんな折、トレーニングギア「SIXPAD」シリーズなどを開発・販売するMTGから、EMS製品を紹介したいと連絡があった。

2020年07月27日 13時00分

隙間時間や在宅勤務中にもトレーニング、痩せるではなく“健康的な身体を目指す”ためのEMSトレーニングギア「SIXPAD」の誤解していた3つのこと

「心疾患に対するオンライン管理型心臓リハビリテーション医療機器」の承認に向けた医師主導治験を開始

リハビリでの遠隔医療に進展 在宅心臓リハビリシステムの医師主導治験を国内初で実施

大阪大学 大学院医学系研究科 循環器内科学の坂田泰史教授らによる研究グループは、心疾患の治療に有効とされる心臓リハビリテーションを在宅で行なえる「心疾患に対するオンライン管理型心臓リハビリテーション医療機器(通称:RH-01)」の承認に向けた医師主導治験を開始することを発表した。

2020年07月27日 08時00分

リハビリでの遠隔医療に進展 在宅心臓リハビリシステムの医師主導治験を国内初で実施
ピックアップ