このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第159回

ゴツいロックがいかにも軍用な円筒形のコンテナケースを買いました

2018年12月23日 17時00分更新

文● にゃかむら(@TK6506)、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

以前も買った重機関銃用の弾薬箱

 前回は3つ買った弾薬箱のうちのひとつ、M252 81mm迫撃砲の砲弾入れをご紹介しました。今回は残りの2つです。

 まずは一番小さいやつ。ブローニングM2重機関銃用で使う.50 Cal弾用のケースです。

 .50 Cal弾の.50は0.50inchのことで、CalはCaliberの略。Caliberは日本語で口径、つまり口径0.5インチ――直径12.7mmの弾薬ということです。薬莢の長さが99mmなので12.7×99mm弾と呼ばれ、先端の弾頭を含めた全長は138mm。弾丸の違いや仕様の違いによってたくさんの種類があります。

 この弾薬箱は以前から持っているものとまったく同じで、サイズは幅28×奥行14.5×高さ18cm。前回のでかいケースの高さを4分の1に縮めたような大きさです。

リンクでつながれた.50 Cal弾が100発入るケースです

 マーキングの一番上の100 CRTG .50 CALは、.50 Calカートリッジ100発という意味。次のLINK M9はM9という型番のリンク装置。弾と弾をつなぐ金具です。

弾と弾をつないでいる黒い金具がM9リンク。弾はダミーカートリッジというもので、もちろん火薬なんて入ってないし弾頭もニセモノです

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ