このページの本文へ

注目記事

注目の連載

  • 業務を変えるkintoneユーザー事例

    業務を変えるkintoneユーザー事例

    事業部門でのアプリ開発、Excelからのリプレース、検索の改善、農業IoT、コールセンター活用など、サイボウズのkintone導入で業務を変えた企業・組織のユーザー事例をまとめました。

  • 柳谷智宣のkintoneマスターへの道

    柳谷智宣のkintoneマスターへの道

    本連載では、サイボウズ社が提供しているウェブサービス「kintone」の導入から基本機能の紹介、アプリの活用法など、ビジネスの現場で役立つ情報を取り上げていく。

kintone関連記事

  • 被災者と支援者が語る能登半島地震のリアル 支援で見えた仕組み作りの大切さ

    デジタル

    被災者と支援者が語る能登半島地震のリアル 支援で見えた仕組み作りの大切さ

    2024年4月11日、サイボウズは令和6年能登半島地震(以下、能登半島震災)における災害支援をテーマとしたCybozu Media Meetupを開催した。登壇したのは自らも奥能登で被災したサイボウズの野水克也氏と、サイボウズ災害支援チームリーダーの柴田哲史氏。被災者と支援者の立場からの振り返りで、災害支援の生々しい課題が浮き彫りになった。

  • CData、Cybozu Partner Network Reportでサクセスパートナーとして表彰

    デジタル

    CData、Cybozu Partner Network Reportでサクセスパートナーとして表彰

    CData Software Japanは、サイボウズがオフィシャルパートナーを評価するCybozu Partner Network Reportにおいて、サクセスパートナーとして表彰されたことを発表した。

  • アールスリーがkintone SI 「キミノマホロ for kintone」をリリース

    デジタル

    アールスリーがkintone SI 「キミノマホロ for kintone」をリリース

    アールスリーインスティテュートはシステム開発サービス「Highspeed SI」をリブランディングし、「キミノマホロ for kintone」 として提供開始する。

  • ユーザーの自走まで支援する krewシリーズはサポートもプレミアムだった

    sponsored

    ユーザーの自走まで支援する krewシリーズはサポートもプレミアムだった

    メシウスのkintoneプラグイン「krewシリーズ」は、多彩な機能や信頼性のみならず、サポートにも強みを持つ。顧客から高い評価を受けるkrewのサポートのこだわりについてメシウスのサポートチームでリーダーを務める大江 輝晃氏、krewのプロダクトマーケティング担当の佐藤ななえ氏に聞いた。

  • kintoneで営業システムを刷新 アサヒ飲料をコムチュアがサポート

    sponsored

    kintoneパートナーセレクション

    kintoneで営業システムを刷新 アサヒ飲料をコムチュアがサポート

    アサヒ飲料は複数あった営業支援システムをkintoneベースのシステムに統合。コムチュアの構築により、kintoneとOutlookのスケジュールを同期、営業日誌、活動実績、案件管理などのアプリの連動などを実現し、営業活動を効率化。テレワークの促進や情報の見える化が進み、社内の意識改革にもつながったという。

  • 三井デザインテックにkintoneを導入した富士通Japan 基幹システム連携と伴走に強み

    sponsored

    三井デザインテックにkintoneを導入した富士通Japan 基幹システム連携と伴走に強み

    リフォームをはじめ空間デザインを手がける三井デザインテックは、住宅リフォーム事業において約10年稼働していた営業支援システム(SFA)をkintoneにリプレース。基幹システムと同時にリプレースというハードなプロジェクトを富士通Japanとともに乗り越えた。三井デザインテックでkintone導入に携わった山内裕真氏と富士通Japanでkintone開発を手がけた乾健二氏、増田露美氏に話を聞いた。

  • 3年間で2500ものNotesアプリをkintoneに移行した大陽日酸

    デジタル

    業務を変えるkintoneユーザー事例

    3年間で2500ものNotesアプリをkintoneに移行した大陽日酸

    ローコードツールで内製化を進め、人材不足の解消や人材育成に取り組んだ最新事例を紹介するセミナーイベント「kintone IT Special Seminar 2023」が開催された。今回は大陽日酸によるセッション「8000人が使うシステム移行 少人数で完遂の秘訣」のレポートを紹介する

  • 売上高・認知度ともに順調なkintone 次のステップは「全社導入」

    デジタル

    売上高・認知度ともに順調なkintone 次のステップは「全社導入」

    サイボウズは、2023年度の決算・事業に関する説明会を開催。2023年度の主力4製品の進捗とあわせて、初めてSaaS経営指標を公表した。前年度に100億円の売上高を突破したkintoneは、順調に成長を重ねる。

  • 災害ボランティア向けのkintone研修テキストが販売開始

    デジタル

    災害ボランティア向けのkintone研修テキストが販売開始

    サイボウズは、全国の自治体や社会福祉協議会が運営する災害ボランティアセンターにおいて、kintone(キントーン)を活用するメリット、ノウハウを盛り込んだ「災害ボランティアセンター kintone研修テキスト」の2024年版を発行したことを発表した。

  • こんなに増えたkintoneパートナーをどう選ぶ? オオタニ&稲澤が導いた方程式

    デジタル

    こんなに増えたkintoneパートナーをどう選ぶ? オオタニ&稲澤が導いた方程式

    100を超えるパートナーが出展した「サイボウズデイズ2023」の大きなテーマは、パートナー選び。そんなパートナー選びに関してセッションを行なったのがASCII記者の大谷イビサとkintoneパートナーBe Magical Solutionsの稲澤 康博氏だ。メディアとパートナー目線の両者が行き着いたパートナー選びの方程式とはなんだったのか?