このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

オヤジホビー-ワタシが好きな物はみんなも好き、かもしれない-第3回

真ちゅう製で数千円は意外とオトク?

ミリタリー文字が描けるステンシルでハンヴィー用パネルを自作

2015年12月04日 17時00分更新

文● にゃかむら、編集●アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソレっぽいパネルがほしい

 米軍の基地祭に行くと、車両の前に説明用のパネルが置かれていることがよくあります。あれを見て自分のハンヴィーにもほしい! と思ったので、いろいろと衝動買い!

お台場で開催された『お台場旧車天国』での展示。メイド猫的な女の子が乗っていますな(´ー`)

 文字はステンシルで描きます。早速ステンシルプレートをネットでポチり、届いたのがコチラ。

ネットで買ったステンシルプレート

 購入したステンシルプレートは真ちゅう製で、A~Zまでの英字26枚と0~9の数字が10枚、そのほかピリオドやカンマ、スペースなど、合計で45枚がセットになっています。文字のサイズは2分の1インチや4分の3インチなどいろいろなサイズがありますが、そこそこ大きいパネルを作るので1インチを選びました。

 パネルは世界堂で買ったA0サイズの木製パネルです。風が強い日などは持ち運ぶのが辛い大きさですが、幸いそんなこともなく持って帰れました。

 パネルに艶消し赤のペンキをローラーで塗ります。いきなり書きはじめると絶対間違えるので、クレバーなワタシは記載したい項目を英語と日本語で書いてプリントアウトしておくわけです(←普通)。文字を描く位置をマークしておきます

文字の位置を鉛筆でマーク

 文字の左端や上下の位置に鉛筆で印をつけます。文字サイズと文字間隔を計算して完ぺきな位置をマークしたつもりが、バランスが悪く、完ぺきどころか2回やり直しました。

(次ページでは、「ステンシルで文字を描きます」)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ