このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

現役ママが出会った恐怖の「監視塔ママ」:

ママ友LINEが怖すぎる

2017年10月10日 07時00分更新

文● 真野島なな

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■ママ友LINEを無難に過ごすコツ

 筆者は2児の母で、LINEを苦手に感じながらも、現在進行形で使い続けています。

 実際、ママたちのLINE使用率は体感値で90%を超えていますが、「便利なツールだから使っているけど、ウザいなー……」というのが大方の本音ではないでしょうか。

 数年の間に数々のトラブルを経験し、相談も受けてきました。やんちゃな男の子をもつママは、LINE経由のうわさに疲れはて、「これ以上、本当かどうかもわからないうわさを耳にしたくない」と言い、LINEトークから消えていきました。

 筆者は子ども2人が同じ学校のため、「LINEアカウントを持っていません」は通用しません。情報ツールとしては有能なので、やはりLINEは使わないわけにはいかず、しぶしぶ利用しています。

 ただし、長女のときで懲りたため、次女のときはLINEでのお付き合いは最小限にとどめています。会話をするのは挨拶や最小限の返事だけ。連絡以外に使っていないため、特にトラブルもなく平穏に過ごせています。

 最後に、筆者が会得した、ママ友LINEを無難に過ごすコツをいくつかピックアップしておきます。

1. 親しいママ相手でも、悪口は書かないに越したことはない。どうしてもネガティブな話をしたいなら、LINEに残さず、会った時に話す。
2. 困ったらスタンプ。ママ友用の無難なものを使うとラク。ただし連打は避ける。
3. 既読やレス確認を気にする相手には早めに返事をする。
4. 何が起きても気にしないメンタルの強さを持つ。

 さんざん怖がらせてしまいましたが、保育園・幼稚園や学校の連絡事項を聞いたり、遊ぶ約束をしたりと、LINEでのメリットもたくさんあります。記事が少しでもLINEトラブル回避の参考になれば幸いです。

次の記事:解決方法を教えます! LINE駆け込み寺

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン