このページの本文へ

機内で見られる映像コンテンツも増加:

ANA国内線 Wi-Fi無料化

2017年12月20日 14時15分更新

文● G. Raymond

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ANA(全日本空輸)が20日、機内Wi-Fiの無料化を発表した。2018年4月1日以降、ANA国内線でWi-Fi接続サービス「ANA Wi-Fi Service」が無料になり、インターネット接続(メール・SNS)が利用できる。ただし動画サイトは閲覧できない。対象機種はB777・B787・B767・B737-800・A321型機の全クラス。

 あわせて同日より機内Wi-Fiで見られる人気ドラマ、バラエティ、アニメなどの映像・音声を100コンテンツ以上に増加。また2019年度下期以降には国内線主力機であるB777・B787型機にシートモニター、USB充電端子、パソコン電源を装備する計画があるという。ANAでは今年9月、ANAの国内線仕様機として初となる全席にシートモニターを完備したA321neo型機を導入している。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン