このページの本文へ

アスキー確定申告虎の巻 第8回

いまさら聞けない確定申告のキホン

初めての確定申告、個人事業主・フリーランスが「損しない」方法

2019年02月20日 17時00分更新

文● 小堀真子 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソンしないために、必要経費をくまなく洗い出そう!

 確定申告でまずやらねばならないのは、最初の一歩にして最大の難所といえる「収支内訳書」の作成です。これは収入から「必要経費」を差し引いた「事業所得」を明らかにするための作業。そもそも白色申告でも取引の記帳義務はあるので、1年間の収支だけなら簡単に分かるはず。

 しかし「何が経費にできるのか?」をきちんと把握しておかないと、計上し忘れてソンすることもあるのです。実はこれが、確定申告でトクするための最大のポイント! 「収支内訳書」を記載するプロセスと、経費計上について気をつけるべき点を見てみましょう。

1. 最初のステップは、支払調書や帳簿に記載された内容をもとに、1年間に得た収入の合計額を「売上(収入)金額」に記載。これは足すだけの単純作業なので楽勝です!

2. 次に記載するのが「経費」ですが、まず「確定申告で個人事業主が『経費にできるモノ』『できないモノ』」をチェック。仕事を他のフリーランサーに外注し、自分で報酬を支払った場合の「外注工賃」なども経費に含まれます。

 そのほか、PCなど10万円以上の高価なモノを買ったときはa「減価償却」(関連記事「これで減価償却は怖くない! 確定申告最大の謎を解き明かす」)を適用。自宅を仕事場にしている人なら、家賃などの一部を経費にできるb「家事按分」(関連記事「確定申告、自宅の家賃・電気・ネット代はどうしたら経費になる!?」)も節税のポイントになるので、お見逃しなく!

3. 生計を一にしている配偶者や家族に毎月仕事を手伝ってもらい、給料を払っている……という場合は、「事業専従者控除」をチェック。該当する場合は、「専従者控除」の欄に支払った給与額を記載。事業専従者控除の詳細はコチラの記事「確定申告、奥さんの給与を月8万円にすると得する理由」も参考になります。

4. 以上の流れですべての経費を記載すると、1年間に得た「所得金額」が初めて明らかになります。

 白色申告者には、収入金額や必要経費を記載すべき帳簿(法定帳簿)につける「記帳義務」と、その帳簿や領収書等の書類を保存する義務があります。白色申告における記帳の基本ルールはコチラの記事「白色申告も義務化の戦慄! 青色申告と合わせて帳簿付けを解説」を参考に。ここでは、記帳の際に「どうすればいい…?」と悩みがちなギモンについて解説しておきましょう。

1. 住民税や国民健康保険料、国民年金保険料などは事業に関係ない支出なので、帳簿に書く必要はありません。ただし国民健康保険、国民年金などの社会保険料は、その全額が所得から差し引かれる「所得控除」の対象に。年末に送られてくる各種の「控除証明書」を必ず保管しておき、確定申告書類に添付して提出します。

2. クレジットカードの支払で、年内に購入したモノの経費が翌年1月以降に引き落とされる場合は、注意が必要です。たとえば年内は引き落とし時に経費で処理していても、年末にまだ支払っていないモノについては、未払処理が必要です。

3. 経費によっては領収書がもらえないケースもありますよね。実は電車の運賃など、「領収書がないものを経費にする方法」(関連記事「確定申告 領収書がないものを経費にする方法」)もいくつかあります。

4. 年内に納品した報酬の支払いが翌年1月以降になった場合でも、年内にその報酬が確定しているなら「年内の売上げ」として収入に含めます。取引先から送られてくる支払調書には、年内に実際に支払われた額しか記載されていないことが多いため、記載に戸惑うかもしれません。しかし、取引先からの支払調書と内容が違っていても、自分で計算した売上金額が正しく書いてあるならそれでOK。あとは、税務署がしかるべき処理をしてくれます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新