前へ 1 2 3 次へ

第2回 マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

「事業専従者」の基礎知識、家族に払う給与は勝手には決められない!?

確定申告、奥さんの給与を月8万円にすると得する理由

画●あべかよこ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは! 前回に引き続きマンガ家のあべかよこです。

 第1回は「医療費控除」について書きましたが…いやあ、知り合いのフリーランスの方からいろいろ反響をいただきました。

 「わかりやすい!」「勉強になる!」「知らなかった!」「ニャー!」などなど。もう私、ビックリしました。その反響にではなく、周りの方も私と同じくらい確定申告の知識レベルが低いってことに! 前説してる場合じゃないですよ! 今回もさくさく勉強していきましょう! みなさんのために! そして私自身のために!

 今回のテーマは「事業専従者」について! ご存じ、税理士の宮原裕一先生にズバズバ切り込みますよ!!

事業に専ら従事している家族のこと

本連載でおなじみの税理士の宮原裕一先生。PCソフト「弥生会計」を10年以上使い、経理業務を効率化して経営に役立てるノウハウを確立している

あべかよこ(以下、あべ) 宮原先生、まず今回は名前が難しそうなんですけど。

宮原税理士(以下、宮原) 「じぎょうせんじゅうしゃ」です。漢字のひとつひとつはそんなに難しくないですよ。(汗)

「事業専従者」とは、「生計一親族(個人事業主と同じ財布で生活をしている家族)」のうち、15歳以上で年間6か月を超えて仕事を手伝っている人のことですよ。

あべ ほほ〜〜お!

あべ 私はマンガ家、ダンナさんはデザインの仕事をしています。夫婦間で仕事を手伝った場合って、どうすればいいんでしょう?

宮原 最近は、会社員という縛りにこだわらない働き方をする方が多いですからね。ご夫婦でフリーランスというかたも多くいらっしゃいます。

あべ たとえば、「会社案内をマンガで作る」というおしごとの場合は、企画からデザインまでまるっとお受けして、私がマンガを、ダンナさんがデザインを制作します。こういう時は、私が請け負った仕事の報酬から、ダンナさんに制作費を支払う形で、経費として計上するんでOKですよね?

宮原 あぁ、それはNGです。

あべ えっ……!?

宮原 そもそも所得税は「生計一親族」への給与や経費は、経費と認めていないんです。

あべ えっ、同じおうちにいる家族の作業は経費にならないんですか!?


(次ページ、「配偶者なら「専従者控除」で最大86万円」に続く)


前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
02月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
09月
10月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
06月
07月
10月
11月
12月
2014年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
05月
10月
11月
12月
2012年
06月
07月
11月
12月
2011年
02月
09月
11月
2010年
01月
02月
03月
04月
05月
11月
12月
2009年
10月
12月
2008年
01月
04月
09月
2007年
01月
03月
05月
10月
11月