このページの本文へ

仕訳データをシームレスに連携可能に

弥生会計、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と連携

2021年02月22日 14時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

弥生会計ラインアップと請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が連携

 弥生は2月22日、「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップと、LayerXが提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」の連携を開始した。

 LayerX INVOICEは、請求書の受け取り後、AI-OCRが請求書を自動でデータ化の上、仕訳データや振込データの自動作成及び会計システム連携をシームレスに実行することで経理DXを推進するサービス。新型コロナウイルスの感染拡大にともない、テレワークでの業務推進の需要に応えるべく、今回の提携に至ったとしている。

本協業の概要

 本連携により、LayerX INVOICEで、弥生会計ラインアップに取り込める仕訳データのダウンロードが可能になる。仕訳データを弥生会計ラインアップにインポートすることで、会計帳簿や決算書、レポートを自動で作成できる。また、弥生会計ラインアップの勘定科目データは、手入力や変換をしなくてもLayerX INVOICEに取り込めるため、LayerX INVOICEで新たにマスターデータを登録する必要はなくなる。

 今回LayerX INVOICEと連携する弥生会計ラインアップは、クラウドアプリケーション「弥生会計 オンライン」、デスクトップアプリケーション「弥生会計 21」。

カテゴリートップへ

お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新