このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第44回

マイクロソフトの強みはハード、ソフト、そしてAI:

「iPadは単なる板」だからSurfaceを開発した

2019年07月01日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは日本の一部メディアに対してシアトルにある本社の一部を公開した。

 マイクロソフトと言えば「Windows」や「Office」の印象が強いが、ここ数年はハードウェア事業にも注力している。一般企業でSurfaceを社員用のパソコンとして導入しているところも増えている。

 アップルは、OSとともにハードを手がける垂直統合のビジネスを強みとしていた。一方、Windowsは、様々なパートナーであるPCメーカーが対応パソコンを作っていたが、マイクロソフトとしてもアップルを意識してか、Surfaceで垂直統合型も行うようになってきた。

 マイクロソフトのデバイスデザイン担当コーポレートバイスプレジデント、ラルフ・グローネ氏は「ソフトを使うにはハードが必要だが、ハードとソフトが統合され、連携して動くことが大切だ。そのために我々はソフトを快適に使ってもらうために自社で開発したハードを提供している」という。

 Surfaceを開発する上で、当然のことながら、意識したのがiPadだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン