このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第51回

SIMフリーiPadがビックカメラで販売開始へ:

アップルがSIMフリーiPhoneを量販店で売ることに期待

2019年08月21日 17時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビックカメラは8月23日より、SIMフリーのiPadを取り扱うと発表した。取り扱う機種は、iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 11インチ、iPad Air(第3世代)のいずれもWi-Fi+Cellularモデル。取り扱い店舗はビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店の2店舗のみとなる。

 これまで、SIMフリーのiPadは、アップルの直営店かオンラインストアのみでしか買えなかった。今回、家電量販店が取り扱いを始めたことで、ビックカメラであれば、ビックポイントをためられ、しかもたまっているポイントを使っての購入が可能になる。

 さらに、ビックカメラの場合、店頭での決済手段が多く、最近ではQRコード決済に注力している。例えば、KDDIの「au Pay」では、毎月3日、13日、23日を「三太郎の日」としており、最大20%、au WALLETポイントがもらえるキャンペーンが存在する(auスマートパスプレミアム会員の場合)。月間上限が合計5000ポイントという制約はあるが、ビックカメラでau Payを使って、三太郎の日にiPadを購入すれば、相当、お得に買い物ができてしまうというわけだ。

 また、ビックカメラであれば、その場でMVNOのSIMカードも調達するということも可能だ。iPad向けのデータ通信に特化したSIMカードを契約し、キャリア版よりも月々の負担を下げることも不可能ではない。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン