このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第60回

規制の副作用も懸念される:

GAFA規制は第二の「技適」か

2019年11月18日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月12日、政府と自民党はグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの法務担当者をアメリカ本社から招集。市場独占の規制策を検討するため、4社から意見を聴取した。

 政府では個人情報などのデータを大量に持ち、市場で強い影響力を持つITのプラットフォーマーに規制をかけようと検討している。新法「デジタルプラットフォーマー取引透明化法案」を年内までに策定するために作業を本格化しているようだ。

 この4社に対する規制は、すでに欧州や米国でも動き出している。日本としても、他国に乗り遅れないよう、この4社を呼びつけたのだろう。

 しかし、政府や自民党がどこまで、この4社のことを正しく理解し、どこに問題があるのか、本当に把握できているのか、甚だ疑問だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン