このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第11回

ソロデビュー20周年記念・平沢進ロングインタビュー【後編】

平沢進が語る、音楽の新しいスタンダード

2009年12月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

そこから先は既存のものにはない

―― ライブハウスと言えば、いまその役割を果たしているのが動画サイトなんです。そこで自然発生的に成立したのがボーカロイドシーンで、多くの作家はタダでMP3を配ってる。仮にメジャーで出してもJASRAC登録はしない。自分の作品が二次創作で広まったことを知っているから。でもイベントでCDが並んでいると、みんなどんどん買っていく。平沢さんとリスナーの関係に似ていると思うんです。

平沢 だとすれば、そこから先は既存のものにはないんですよ。だから次の立ち居振る舞いが分からないのは当たり前であって。誰かが一歩踏み出したところから、その周囲に何かが付着して、何かができるんじゃないかと。と、何か聞いたふうなことを言っていますけどね。

「既存のもの」からの脱却を説く平沢氏。そこにはすでに新しい価値が生まれているのだと語る

―― だってそれが平沢さんのやってきたことじゃないですか。ただ業界もジリ貧になってきて、動画サイト育ちの作家を青田刈りしている。それと動画サイトとリスナーの関係をビジネスモデルと見なしたようなプロモーションは、もう大手がやっています。全然成功してないけど。

平沢 そういう作為はかぎ分けられるんだよね。依然として業界の体質というのは同じで、そこにあるものと同化して一緒に大きくなっていくというものではない。タダ乗り、いいとこ取り、大きなものがあれば寄って行く。それはもう通用しなくなってきてるね。たとえばインターネット上で青田刈りがあったとして、若い連中はそれに乗るんですか?

―― もちろん乗る人もいれば、乗らない人もいます。

平沢 乗らない方に期待したいですね。乗らないということは、そんなものに乗っても意味がないってことが分かっているからでしょう? その感覚はいいですよね。でもね、青田刈りにくるということは、もう十分やれているんですよ。そのままやればいいと思いますよ。迷うことなんかない。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン