このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第11回

ソロデビュー20周年記念・平沢進ロングインタビュー【後編】

平沢進が語る、音楽の新しいスタンダード

2009年12月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミュージシャンで客商売だからやってますけど

―― 結論が出たところで、そろそろ終わらせていただきますが、最近のリスナーに「萌え」って言われてますけど、どうですか?

平沢 失礼な。

―― 「ツンデレ」とか。

平沢 まったく失礼な。私は怖い人なんですから。

―― 平沢さんにビジネスモデルがあるとすれば、宗教的構造を成していることだと思うんですよ。ただ昔のスターシステムと違って、教祖の額に「フリーウェア」と書いてある。ご自由にどうぞみたいで、投げやりな。そこが可愛くて「萌え」なんですよ。

平沢 ところでTwitterってなにあれ?

―― そこに戻るんですか。

平沢 みんなあれのどこが面白くてやっているんですか?

―― 面白いですけどね、平沢さんとか。

平沢 私はミュージシャンで客商売だからやってますけど。

―― まあブログにSNSにウェブ2.0。どうせまた、って気がしますけどね。

平沢 どうせまたなんかって気がするよね。

―― でも、もっとミュージシャンはやりましょうよ、せっかく面白いんだから。それでいつかはP-MODEL再結成。

平沢 絶対やだ。

―― どうしてですか。

平沢 やだから。

―― 百万回言ってもダメですか。

平沢 ダメです。

著者紹介――四本淑三

 1963年生まれ。高校時代にロッキング・オンで音楽ライターとしてデビューするも、音楽業界に疑問を感じてすぐ引退。現在はインターネット時代ならではの音楽シーンのあり方に興味を持ち、ガジェット音楽やボーカロイドシーンをフォローするフリーライター。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン