このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「リアル大事です」ニコニコ生放送の達人・百花繚乱さんの本音

2010年03月26日 12時00分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ニコニコ大会議 in 広島」で熱唱する百花繚乱さん。ニコニコ生放送で驚異的な人気を集めている

 現在、ネットで個人が配信するブロードキャストが熱い視線を集めている。

 中でも、日本発のサービスとして注目を集めているのが「ニコニコ生放送」(ニコ生)だ。ニコニコ生放送は「ニコニコ動画」の生放送版。動画にコメントでヤジを飛ばす感覚を、リアルタイムで楽しめるのが人気の理由だ。

 そこで同時に放送出来るのはなんと2200番組。それだけの番組がつねに放送されていると視聴者を獲得するのは難しく、可愛い女の子などでなければ、放送の大半は2~3人に見てもらえるかといったところ。その中で、ひとたび放送を開始すれば2000人を超える視聴者を集めてしまう、驚異の生放送ユーザー(生主)がいる。百花繚乱さんだ。

百花繚乱さんの公式コミュニティ。参加人数はなんと3万人を超える

 彼が人気の理由はかわいい女装姿とハイテンポのトーク、そしてSkypeを使ったユーザー参加型の配信スタイルだ。視聴者を「友達」にすることで「応援」してもらっているのだ。最近ではライブイベント「ニコニコ大会議」に参加したり、ニコニコ動画主催のミュージカルを目指してレッスンを受けたりと、パフォーマーとして活動を始めている。

 今回はそんな彼に、生放送をはじめたきっかけをはじめ、番組の中で心がけていることや、ニコ生の現状などを詳しく聞いた。彼のファンはもちろん、いまブロードキャストがどうなっているのか知りたい方にもぜひ読んでいただきたい。

 なお、この取材は百科繚乱さんの「生放送番組」として放送された。彼と同様、ネットでラジオ番組を放送している(しかも女装で)筆者の口調がややゆるみがちに見えるのはそのためなので、お許しいただきたい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン