このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第26回

ニコニコ動画に隠れた、生の芸術 「ジャガボンゴ」の魅力を探る

2010年06月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニコニコ動画「ジャガボンゴ」(スズナリ・アレンジ)より

 言語以前の、言葉にならないメッセージを共有する。それが音楽の根源的な力だ。

 ニコニコ動画でそれを感じられたのが、こんぺいとうPによる「ジャガボンゴ」と、それをめぐる作品群だ。ジャガボンゴはこれまで様々な人々にカバーされ、リミックスされつづけてきた。その異様な人気の理由はどこにあるのだろう?

 ただし、ジャガボンゴは彼の作品の中では異色の部類に入る。大抵はアウトサイダー・アート(伝統や文脈を持たない芸術)のようなイラストと、ノイズまみれのチープな音源の組み合わせだ。そうしたこんぺいとうPの作品は、技術的にはどれも未完成で、正直言ってつたないものが多い。それでも多くのニコニコ動画の作家に愛される理由は何なのか。

 言ってしまえば、彼は「表現の断片」をネットに投げ込んだだけだ。それが様々な人々に解釈され、また作家の側へ戻っていくというプロセスが、彼の周囲では確実に起きている。インターネット後に出てきた音楽の1つとして、それは非常に興味深いことだった。

 こんぺいとうPは何かと謎の多い男性だが、今回、インタビューは快く受けてもらえた。ただし顔写真の撮影も年齢の公表も不可ということだったので、私の印象を記しておこう。知的で落ち着いた話し方をする人だが、年齢は私の想像より5歳は若かった。

 そして今回はゲストとして、こんぺいとうPの大ファンであり、ジャガボンゴをカバーした鈴鳴家の鈴鳴おんさんもゲストとしてお呼びした(関連記事)。「いい大人」である彼のこんぺいとうラブっぷりは、傍で見ていて笑えるほどだったことも記しておきたい。

人気コンポーザーによる「ジャガボンゴ」リミックス





※ ここで紹介しているのはごく一部です。リミックス・リアレンジトラックはこちらからどうぞ(リスト

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン