このページの本文へ

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ、Linuxサーバ管理ソフト『HDE Linux Controller 2.4 Professional Edition』を発表

2001年06月07日 15時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ(以下HDE)は、『HDE Linux Controller 2.4 Professional Edition』(以下HDE Pro 2.4)を6月30日に発売する。価格は9万8000円。

HDE Pro 2.4のメインメニュー。

「HDE Linux Controller」シリーズはWebブラウザを使ったGUIにより、Linuxのサーバ設定/操作が可能になるソフトウェア。あらゆる設定をマウスクリックで行なうことができる。またユーザー登録を一括して行なう機能や、不正アクセスがあった場合に警告メールを送信するなど、サーバ管理者の負担を軽減するための機能も有する。用途に応じて、以下の4つのラインナップが提供される。

  • Webサーバやファイルサーバを簡単に構築できる「Standard Edition」
  • サーバを遠隔地から管理できる「Professional Edition」
  • 複数のサーバを一括管理することができる「Enterprise Edition」
  • バーチャルドメインサービスを提供できる「ISP Edition」(予定)

HDE Pro 2.4では、基本的なサーバ構築/管理機能を提供する『HDE Linux Controller 2.4 Standard Edition』に加えて、

  • SSLで保護された通信によるサーバ管理機能
  • サーバ管理者の一部の権限を他者に委譲する機能
  • 障害時にメールを送信する機能

などが追加されている。

サーバ管理権限の委譲設定画面。
レポートメール設定画面。

また、HDE Pro 2.4では、旧バージョンの『HDE Linux Controller 2.0 Professional Edition』に対して、

  • Red Hat Linux 7.0/7.1、Turbolinux 6.5に対応
  • SSL鍵と証明書の設定機能
  • パケットフィルタの詳細設定機能
  • ユーザー一括登録項目数が3項目から14項目に増加
SSL鍵設定画面。
ファイアウォール設定の画面。
ユーザー一括追加画面。

といった機能が追加されている。ユーザー一括登録はcsvファイルを作成し、そのファイルをアップロードすることで行なう。14項目の内訳は以下のとおり。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • グループ名
  • 本名などの付加情報
  • ログインシェル
  • 転送メールアドレス
  • メールパスワード
  • ファイルサーバパスワード
  • ユーザーの有効期限
  • FTPログインの可否
  • ディスク制限容量
  • ディスク超過許容量
  • インデックスノード(※1)制限数
  • インデックスノード超過許容数

一方、今後「ISP Edition」や「Enterprise Edition」がフォローする予定の、Webバーチャルホストの設定といった機能が省略されたほか、設定復元機能も削除されている。

HDE Pro 2.4の動作環境は以下のとおり。

  • CPU……Pentium互換プロセッサ 233MHz以上
  • メモリ……128MB以上
  • HDD……50MB以上の空き容量
  • Red Hat Linux 6.2/7.0J/7.1、Turbolinux 6.1/6.5

なお、今後の計画については、7月末には『HDE Linux Controller 2.4 ISP Edition』を発表する予定。また、米Sun MicrosystemsのSolarisや米IBMのOS/390、さらにIA-64への対応も視野に入れた開発を行なうとしている。

※1 ディレクトリ、シンボリックリンク、ファイルといったデータの集まりを記述した、ファイル管理の最小単位。

カテゴリートップへ

ピックアップ