このページの本文へ

ホライズン・デジタル・エンタープライズとアルゴ21がLinuxミッションクリティカル分野で提携

2002年02月14日 20時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サーバ管理ツール『HDE Controller』などを販売する(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ(以下、HDE)と、Linuxサポートを行なうSI企業の(株)アルゴ21が、ミッションクリティカルLinux分野のサポートで提携すると発表した。

今回発表された提携の合意内容は以下のとおり。

  • 3月1日より、HDE製品を導入した企業に対し、共同で24時間のヘルプデスク/オンサイトサポートサービスを提供する
  • (株)アルゴ21は、『HDE Controller』、『HDE Center』を利用したLinuxサーバのリモート監視サービスを実施する
  • 展示会への共同出展、共同セミナーなどのプロモーション活動を行なう

(株)アルゴ21は、レッドハット(株)やターボリナックス ジャパン(株)などとパートナー契約を結び、Linuxシステムのサポートを行なっている。今回の提携により、同社のソリューションメニューにHDEのアプリケーションを追加することが可能になる。またHDEは、(株)アルゴ21の24時間対応サービスインフラを活用することで、ミッションクリティカル分野のサポートが強化される。

カテゴリートップへ

ピックアップ