このページの本文へ

『HDE Controller 2.5 Professional Edition』登場

2002年02月22日 18時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズは、企業向けLinuxシステム管理ツールの新バージョン『HDE Controller 2.5 Professional Edition』を発表した。

『HDE Controller 2.5 Professional Edition』
『HDE Controller 2.5 Professional Edition』

同製品に新たに加えられた機能は以下のとおり。

  • テープドライブ対応のバックアップ機能を追加した
  • プロキシサーバと組み合わせた、ブラックリスト方式のWebフィルタリング機能を追加した
  • NFSに対応し、NASサーバへのバックアップ設定が可能になった
  • プリントサーバ機能を追加した
  • メールをすべてほかのメールサーバに転送して処理を行なう「メールスマートリレー」機能を搭載し、ファイアウォール内のメールを外部に送信する場合などの管理が容易になった
  • PPPoEやDHCPサーバ機能を搭載しADSLなどに対応した
テープバックアップの設定画面。
テープバックアップの設定画面。
フィルタリング機能設定。
フィルタリングするコンテンツをカテゴリで指定する。

動作環境は以下のとおり。

  • CPU……Pentium-233MHz以上
  • HDD……50MB以上の空き容量
  • メモリ……128MB以上
  • 対応ディストリビューション……Red Hat Linux 7.1/7.2、Turbolinux 7 Server、MIRACLE LINUX Standard Edition v2.0

同製品は3月15日より、同社のパートナーソフトウェア販社を通じて販売される。製品の価格は以下のとおり。

  • 通常版……9万8000円
  • アカデミック版……6万4800円
  • 優待価格版(『HDE Linux Controller 2.0/2.4 Professional Edition』、『Turbolinux Advanced Server 6』のユーザーのみ)……7万8400円

カテゴリートップへ

ピックアップ