このページの本文へ

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ、Linux用サーバ管理ツール「HDE Linux Controller 1.0」を発売

2000年01月25日 23時30分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ(以下HDE)は、Linux用サーバ管理ツール「HDE Linux Controller 1.0」を31日に発売する。

 HDE Linux Controller 1.0は、同社の無償配布版「HDE-WUI」の商用版で、LinuxサーバをWebブラウザから設定・操作できる管理ツール。基本機能は「HDE-WUI」を継承し、セキュリティ機能であるipchainsの設定やルーティング情報の設定といったインターネットサーバ向けの新機能が追加されている。インストールはRPM形式となっている。

HDE Linux Controller 1.0
HDE Linux Controller 1.0

 「HDE Linux Controller 1.0」の主な機能は以下のとおり。

  • ユーザー管理
  • IPアドレス管理
  • DNS設定
  • CPU、メモリ、ディスク容量、負荷具合一覧表示
  • ホームページアクセス状況一覧
  • メールシステムの管理
  • メーリングリスト管理
  • ログチェック
  • 各サーバソフトウェアの稼働/停止と設定

 動作確認済みのLinuxディストリビューションは以下のとおり。

  • Red Hat Linux 5.2/6.0 日本語版
  • TurboLinux 日本語版 4.0
  • TurboLinux Server 日本語版 6.0
  • LASER5 Linux 6.0

 なお、クライアント側の対応OSは、Windows 95/98/NT 4.0、漢字Talk7.5.5以降。Webブラウザは、Internet Exproler 4.0以降またはNetscape Communicator 4.5以降に対応している。

 価格は3万円。90日間のサポート(電話、メール)のほか、インターネット上のアップデートサーバによるバージョンアップ権も90日間付属する。さらに、90日以降サービスを継続したい場合は、別途有料で申し込むことが可能だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ