このページの本文へ

HDEとセイ・テクノロジーズが技術提携──WindowsとUNIX、Linuxのシステム管理を一元化

2002年11月12日 21時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズは、セイ・テクノロジーズ(株)とシステム管理製品分野で技術提携したことを発表した。

セイ・テクノロジーズは、Windows NT/2000サーバ向けシステム管理ツール『BOM』シリーズを開発している。現在販売されているのは『BOM Ver.3.0』。

今回の提携に基づき、両社はWindows、Linux、UNIXのシステム管理を一元化するプラットフォームの開発や、プロモーション、エンドユーザーとの意見交換などを共同で行なう。具体的な合意内容は以下のとおり。

  • Linux、UNIXサーバ管理ソフト『HDE Controller/Center』と『BOM』の連携により、統一的なシステム管理環境を実現するプラットフォームを共同開発する
  • エンドユーザーを交えて、サーバ管理手法の標準策定やサーバ管理のための勉強会、求められる機能のヒアリングなどを行なうコンソーシアムを発足
  • 展示会への共同出展や共同セミナーなどの共同プロモーション活動を行なう

また、両社は、12月13日に「Linux/Windows/UNIX環境下のシステム運用・管理手法フォーラム」と題したセミナーを開催する。セミナーの概要は以下のとおり。

日時
2002年12月13日 13時30分~16時40分
会場
ジャフコホール
プログラム
基調講演「Linux及びWindows環境下のシステム管理ソリューション」
Linux管理ソフトウェア「HDE Controller」「HDE Center」の紹介
Windowsシステムの標準監視・リカバリツール「BOM」の紹介
Windows,Linuxを一台で統合する「VMware」の紹介
参加費用
無料
定員
100人

セミナーの参加申し込みはホライズン・デジタル・エンタープライズのWebページから。

カテゴリートップへ

ピックアップ