このページの本文へ

メール配信マーケティングシステム「HDE Customers Care 1.2」、11月1日発売

2000年10月19日 16時52分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ホライズン・デジタル・エンタープライズは、メール配信マーケティングシステム「HDE Customers Care 1.2」を11月1日に発売すると発表した。サポートするプラットフォームはLinuxとSolaris。

HDE Customers Careのデモ画面
HDE Customers Careのデモ画面
 HDE Customers Careは、顧客の属性とメールアドレスの統合管理を可能にするマーケティングツール。データベースを利用した配信ターゲットの絞り込みや、Webフォームとデータベースの連携(iモードにも対応)、あらかじめ登録された顧客の興味に応じた情報の配信、配信日時予約機能などを装備する。操作はすべてWebブラウザから行なうことが可能なので、操作側のOSは選ばない。

 対応OSは以外のとおり。



  • Red Hat Linux 6.2J
  • TurboLinux Server 日本語版 6.1
  • Miracle Linux Standard Edition v1.0
  • 日本語Solaris 2.6/8 (SPARC版)

 データベースはPostgreSQL、WebサーバはApache、メールサーバはSendmail(オプションでqmail)に対応している。

 価格は、Linux対応版が65万円から、Solaris対応版が98万円から。年間100セットの販売目標を立てている。

カテゴリートップへ

ピックアップ