このページの本文へ

ホライズン・デジタル・エンタープライズ、『HDE Management Suite for iDC』を発売

2001年03月08日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ホライズン・デジタル・エンタープライズ(株)から3月27日、『HDE Management Suite for iDC』が発売される。iDC(internet data center)の運営での新たなサーバ管理システムとして発表されたものだ。

『HDE Management Suite for iDC』では、「Value Added Services」機能を使用することで、専用サーバホスティングユーザーがWebインターフェイスを通して自分のサーバをブラウザから遠隔管理することが可能。ユーザー側が管理できる権限の範囲については、システム管理側が詳細に設定できる。「TCO Reduction」機能では、iDCに格納されている数百台規模のサーバ群の「パフォーマンス」「アベイラビリティ」「セキュリティ」といった運営上の各要素をブラウザ上から管理できる。これにより従来の専用サーバホスティングサービスが抱えていた権限委譲の問題解決が可能となるという。

製品概要

  • 製品名……HDE Management Suite for iDC
  • 標準価格……オープン価格(1台あたりの管理コストは5万円~)

主な機能一覧

Value Added Services
Webサービス
セキュアWebサービス(SSL鍵の設定)
電子メールサービス
FTPサービス
ユーザー・グループ管理サービス
メーリングリストサービス
バーチャルドメインサービス(ネームベースバーチャルドメイン、IPベースバーチャルドメイン対応)
バックアップサービス(テープバックアップ)など

TCO Reduction
パフォーマンス管理、リソース管理、プロセス管理、セキュリティ管理、サービス管理、構成管理など

対応プラットフォーム
Red Hat Linux 6.2J
Turbo Linux Server 日本語版 6.1

カテゴリートップへ

ピックアップ