このページの本文へ

ホライズン・デジタル・エンタープライズ、ミラクル・リナックスと技術提携

2000年09月19日 18時25分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ホライズン・デジタル・エンタープライズ(以下HDE)は9月19日、日本オラクル(株)の子会社 ミラクル・リナックス(株)と技術提携したと発表した。この提携により両社は、技術面での相互支援体制を確立し、販売・マーケティングの面でも協業していく。

 HDEの主要製品である「HDE Linux Controller」およびeCRMソフトウェア「HDE Customers Care 1.0」は、ミラクル・リナックスのLinuxディストリビューション「Miracle Linux Standard Edition version 1.0」(以下Miracle Linux)に対応させることがすでに決定している。HDE Customers CareはOracle8iに対応させるという。なお、「HDE Linux Controller」は、Webブラウザ経由でLinuxサーバの管理を行なうためのソフトウェア。

 具体的な協業活動としては、すでにMiracle Linuxに「HDE Linux Controller 2.0 Express Edition」をバンドルしているという。今後の予定としては、日本オラクルも含めた3社による共同セミナーも開催していくとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ