このページの本文へ

遠藤諭のプログラミング+日記

遠藤諭のプログラミング+日記

プログラミング+の“+”の意味は「プログラミングの周りにある関連ねた」の意味。角川アスキー総研の遠藤諭が落ち穂拾い的なコラムを書いていきます。『週刊アスキー』の連載「神は雲の中にあられる」でやったプログラミングねたほか転載もあり。

2020年01月06日 09時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • ピクセルへの愛を確かめろ! ガジェットDITOOとゲームフォント本Arcade Game Typography

    2020年01月06日 09時00分

    第72回  ピクセルへの愛を確かめろ! ガジェットDITOOとゲームフォント本Arcade Game Typography

    パソコンをそのまま形にしたようなデジタルガジェットDITOO、そして、フォント設計者がコレクションして語るアーケートゲームのフォントの世界。やっぱり、デジタルの世界も愛が大切なんじゃないでしょうか?

  • 渋谷道玄坂のマンホールの蓋のヒミツはご存じか?

    2019年12月18日 09時00分

    映画『エッシャー視覚の魔術師』はファンなら必見の映画

    第71回  渋谷道玄坂のマンホールの蓋のヒミツはご存じか?

    映画『エッシャー視覚の魔術師』(2018年・イタリア)の公開がはじまった。エッシャーといえば「テセレーション」(平面を同じ図形で敷き詰める問題)が1つのテーマになっている。渋谷道玄坂のマンホールを探しながら宇宙と生命とアルゴリズムについて考えよう。

  • 電動キックボードはドローンと同じく精神開放マシーンだ!

    2019年12月10日 09時00分

    公道走行可能なZERO9で浅草橋->アキバ->本郷->浅草橋と走ってきた

    第70回  電動キックボードはドローンと同じく精神開放マシーンだ!

    電動キックボードというと、米国のシェアリングエコノミーやそうしたサービスの日本での実証実験など、ビジネス視点で語られることが多い。しかし、板にハンドルを付けてツーッと走るそのモノ自体がとても楽しい物体だ。買い切りの電動キックボードZERO9に乗ってみた。

  • はじめてワークショップの講師をやって、思いのほかうまくいった話

    2019年12月02日 16時00分

    高岡熱中小学校とM・C・エッシャーの映画

    第69回  はじめてワークショップの講師をやって、思いのほかうまくいった話

    はじめてハンズオンの講師というものをやらせてもらった。全国の廃校などを利用して地域活性のための授業やハンズオンを行う熱中小学校の1つである高岡熱中寺子屋(国宝の瑞龍寺で開催)でやったハンズオンのようす。

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)の本当の意味はクマムシに聞け!

    2019年11月20日 15時00分

    第68回  デジタルトランスフォーメーション(DX)の本当の意味はクマムシに聞け!

    どの時代にも未来を切り開いてきたのは、遊びであり、オモチャから生まれた非連続な進化だ。「AIチップ、ロボット、ドンキーカー、遊びのIoTから未来は変わる」というパネルディスカッションに登壇させてもらうことになった。

  • TK-80、PC-8001、NECのパソコンはこんな偶然から始まった

    2019年08月08日 09時00分

    プロジェクト責任者の渡邊和也氏インタビュー

    第67回  TK-80、PC-8001、NECのパソコンはこんな偶然から始まった

    NECの最初のパコソン(当時はマイコン)であるPC-8001が発売されてから、今年で40周年を迎える。その開発責任者をつとめた渡邊和也氏のインタビューを『日本人がコンピューターを作った!』より転載する。

  • テクノロジーの大波は「オモチャ」のようなものからやってくる

    2019年07月12日 15時00分

    第66回  テクノロジーの大波は「オモチャ」のようなものからやってくる

    今年のメーカーフェアの目玉はこれか? 「AIでRCカーを走らせよう!」と特別企画「子ども v.s. AI」、アマゾンやNVIDIAも参入するAIカーを走らせる本当の意味はこれだ!

  • 5/26 アンドロイドのお祭り「ABC 2019 Spring」が開催

    2019年05月22日 09時00分

    円周率31兆4000億桁で世界記録の岩尾さんほか登壇

    第65回  5/26 アンドロイドのお祭り「ABC 2019 Spring」が開催

    Androidのスマートフォンの開発者や積極的なユーザーたちのお祭り「Android Bazaar and Conference 2019 Spring」が、5月26日(日)10:00 〜 18:00 開催される。Google I/Oの内容のキャッチアップから楽しいバザーや開発者の人生のビジョンをテーマにセッションが盛りだくさんの内容だ。

  • DonkeyCar求めて中国の巨大オモチャ都市へ! 「汕頭」(スワトウ)買い出し紀行

    2019年05月18日 09時00分

    第64回  DonkeyCar求めて中国の巨大オモチャ都市へ! 「汕頭」(スワトウ)買い出し紀行

    これからAIとどんな共生をすることになるのか? それを端的に感じさせるのがDonkeyCarだ。そのDonkeyCarの新型ベースカーを探しに中国のオモチャの輸出の7割を占めるという「汕頭」(ウワトウ)に行ってきた。

  • 海外のどこで日本のゲームは楽しまれているか?

    2019年04月19日 09時00分

    第63回  海外のどこで日本のゲームは楽しまれているか?

    『ファミ通ゲーム白書2018』を見ると日本のゲーム産業は、この10年間で約8000億円から約1兆6000万円へと倍増しているそうだ。今回は、そんなゲームに関してWikipediaで日本のタイトルがどの言語圏まで広がっているかを調べてみた。

  • 平成の終わり、デジタル最大のトピックはやっぱりネットでしたよね。

    2019年04月12日 09時00分

    第62回  平成の終わり、デジタル最大のトピックはやっぱりネットでしたよね。

    平成元年(1989年)はIT業界にとっては割と大きな区切りになる年だった。私は、『月刊アスキー』の編集部にいて毎週パソコンやデジタル界隈のトレンドを追っていたわけだが、1989年は、次の3つの製品に代表される年だと思う。富士通 FM TOWNS、任天堂 GAME BOY、東芝 J-3100SS Dynabook

  • グーグルの「STADIA」を見ていたらコンピューターのこれからが知りたくなった

    2019年04月05日 09時00分

    GDC 2019、GTC 2019が終わった・AIと半導体のセミナー開催

    第61回  グーグルの「STADIA」を見ていたらコンピューターのこれからが知りたくなった

    米国でゲーム開発者会議「GDC 2019」でグーグルがゲームプラットフォーム「STADIA」を発表した。端末を選ばない、いくらでも性能を向上できる、プレイ中のステータスを友だちと共有できたりもする。そして、AIが活用される。これは、ゲーム機ではなくこれからのコンピューティングで欲しい機能ばかりではないか?

  • 海外のどこで日本のアニメは見られているのか?

    2019年03月28日 09時00分

    第60回  海外のどこで日本のアニメは見られているのか?

    今年1月、日本動画協会から「アニメ産業レポート2018」が刊行された。それによると、日本のアニメ産業市場の2017年は5年連続の伸長で(108%アップ)、初の2兆円を突破したと報告されている。興味深いのは、10年前との比較だ。そんな日本のアニメ業界について「世界のどこで日本のアニメが楽しまれているか?」について紹介する。

  • 新iPad Air、新iPad mini発売! デジタル業界の予測は当たらないのだが……。

    2019年03月20日 09時00分

    第59回  新iPad Air、新iPad mini発売! デジタル業界の予測は当たらないのだが……。

    デジタル業界は、これからどんな製品が出てくるかは割りと予測できるほうだ。CPUなどコア部品のロードマップやトップへのインタビューなどヒント情報はいろいろとある。ところが、市場規模やシェアに関する予測は当たらないことが多い。

  • アポロ計画のはじまった年の米国の科学雑誌の広告が楽しすぎる

    2019年02月27日 09時00分

    第58回  アポロ計画のはじまった年の米国の科学雑誌の広告が楽しすぎる

    米国では割とポピュラーで日本ではあまり馴染みのないコレクションの分野が雑誌の広告ページだ。科学雑誌『Scientific American』の1961年の12冊をまとめて入手したらロケットやミサイルやコンピューターの広告が楽しかった。

  • 海外のどこで日本のマンガは読まれているのか?

    2019年02月22日 09時00分

    第57回  海外のどこで日本のマンガは読まれているのか?

    ある理由で、日本のコンテンツが海外で読まれているのか? 鑑賞されているのか調べてみた。Wikipediaのデータをもとに2011年にも同じ集計を行っているが、もっとも他言語ページが多いマンガ作品は『NARUTO』から『ドラゴンボール』となった。ドラゴンボールは47言語から96言語と約倍増している。一方、日本マンガを扱うページで最も躍進したのはフィリピン(タガログ語)のようだ。

  • 「フリー」「シェア」に続くネットのパラダイムは「応援」かもしれない

    2019年02月20日 09時00分

    第56回  「フリー」「シェア」に続くネットのパラダイムは「応援」かもしれない

    だいぶ前の『週刊アスキー』の連載「神は雲の中にあられる」(2013年の924号)で、私は、どんなときに人がお金を払うのかというお話を書いた。ところが、ここのところ「応援」は、いまジリジリとその存在感を増してきているように見える。「応援」で人はお金を払うようになってきている。

  • ストッキングとコンピューター

    2019年02月06日 09時00分

    第55回  ストッキングとコンピューター

    『ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心』(Hulu)は、1980年代前半、IBMやAppleが市場をにぎったあとの時代の葛藤を描いたドラマだ。コンピューター用語だという『ホルト・アンド・キッチ・ファイア』(Halt and Catch Fire)の意味とは?

  • オープンソースのAI学習カー「Donkey Car」を走らせてみた!

    2018年12月31日 09時00分

    自動運転よりトレンド? お弁当運びロボットとラジコンカー

    第54回  オープンソースのAI学習カー「Donkey Car」を走らせてみた!

    ラジコンカーにRaspberry Piをのせてグーグルの機械学習ライブラリTensorFlowをインストール。人間が走行させたときのカメラ画像をもとに学習モデルを作って自動走行させるのがDonkey Carだ。くるべき無人配達ロボットの道は近いのではないか? そして、カワイイ!!

  • アジャンタのマトンカレーと青島食堂とマカダミアナッツを割る方法

    2018年12月15日 09時00分

    第53回  アジャンタのマトンカレーと青島食堂とマカダミアナッツを割る方法

    『新潟日報』から10回ものの短期連載のお話をいただいた。新聞のコラム連載は、『朝日新聞』の夕刊で3年半もやらせていただいたことがあるが、独特の文体があると思う。400文字とか500文字とかそんな感じなので、ツイッターほどではないが省略形の表現になる。

  • AIカーが来てる! 自動運転でラジコンカーを走らせよう!

    2018年12月03日 17時00分

    DonkeyCarではじめるAI

    第52回  AIカーが来てる! 自動運転でラジコンカーを走らせよう!

    AI(人工知能)でラジコンカーを走らせる「AIカー」あるいは「DorneCar」または「DonkeyCar」が楽しそうだ。米国では元WIRED編集長のクリス・アンダーソンが取り組み、アマゾンウェブサービスもAIカーを発売。AIカーが来ている!

  • 理工系と芸術・メディア系の学生はお互いナンパし合うべき

    2018年11月21日 17時00分

    ISCA、SDLハッカソン、ミラクルエッシャー展

    第51回  理工系と芸術・メディア系の学生はお互いナンパし合うべき

    ISCAは国内外の学生対象の映像、デジタルコンテンツのアワード、SDLハッカソンと障がい者向けメガネのビジネスモデルの話、そして、大阪でエッシャー展が始まる。

  • シリコンバレーではニワトリ小屋を作って鶏を飼うのが流行っているそうだ――IoT化しているけどお掃除は大変

    2018年09月01日 09時00分

    第50回  シリコンバレーではニワトリ小屋を作って鶏を飼うのが流行っているそうだ――IoT化しているけどお掃除は大変

    米国シリコンバレーのIT関係者の間で、自宅の裏庭に「ニワトリ小屋」を建てて鶏を飼うのが流行っているそうだ。ワシントンポストCBSニュースが報じていて、「シリコンバレーには数千、おそらく約1万のニワトリ小屋がある」というコメントが出てくる。

  • アキバ――秋葉原電気街のはじまりについて

    2018年08月24日 09時00分

    第49回  アキバ――秋葉原電気街のはじまりについて

    世界的にも例を見ない電気の街といわれた「アキハバラ」。その始まり、戦後、米軍横流し真空管を売った闇市が秋葉原駅付近のガード下に移転したことだという。その移転はどのように行われたのが立役者の1人である山本長蔵氏を父に持つ山本博義氏へのインタビュー。月刊アスキー1993年11月号の再録。

  • ノートPCのクラムシェルデザインのルーツを探る

    2018年08月09日 09時00分

    第48回  ノートPCのクラムシェルデザインのルーツを探る

    コンピューターの形状デザインのことを、業界では「フォームファクター」(form factor)と呼んでいる。一般に、このクラムシェルデザインの最初は、1982年4月に米GRiD Systems社が発売した「GRiD Compass 1101」だとされるが・・・。

  • フランスで日本のマンガはなぜ受け入れられているのか?

    2018年06月20日 19時00分

    伝説の人物ドミニク・ヴェレ氏へのインタビュー

    第47回  フランスで日本のマンガはなぜ受け入れられているのか?

    7月5日~8日、フランスでジャパンエキスポが開催される。いまや来場者数23万人を超える日本文化をテーマにした一大イベント(Wikipeidaより)。2009年に、このジャパンエキスポを中心にフランスでの日本のポップカルチャーを取材してアスキー総研の所長コラム「0グラムへようこそ」に掲載していたのを思い出した。

  • M・C・エッシャー展とでんぐりでんぐりの話

    2018年06月02日 09時00分

    第46回  M・C・エッシャー展とでんぐりでんぐりの話

    6月6日~7月29日の会期で上野の森美術館で「ミラクル エッシャー展」という催しが開催される。

  • Oculus GoのRoomsはなぜ凄いのか?

    2018年05月26日 09時00分

    第45回  Oculus GoのRoomsはなぜ凄いのか?

    19世紀ドイツの物理学・生理学者ヘルムホルツが、とてもVR(バーチャルリアリティ)的な、コンピューターサイエンス的なことを言っているそうだ。

  • Oculus Goのパジャマ感覚のVRを堪能せよ!!

    2018年05月15日 09時00分

    映画館や大型テレビのライバルはVRだった

    第44回  Oculus Goのパジャマ感覚のVRを堪能せよ!!

    NETFLIXの視聴方法について、いま話題もちきりなのが、発売されたばかりの「Oculus Go」で見るという方法だ。Oculus Goというのは、いわゆるスタンドアロン型(PC不要)のヘッドセットで、私は、年内発売のHTC「VIVE Focus」待ちのつもりでいた(スペック的に断然そっちだと思っていたのだ)。ところが、「NETFLIX楽しい」という報告に押されてを導入してしまった。

  • TモバイルUSとスプリントの合併は、5Gとスマートの先に見えるものは何かだ

    2018年05月02日 09時00分

    第43回  TモバイルUSとスプリントの合併は、5Gとスマートの先に見えるものは何かだ

    米国の移動通信で3位のTモバイルUSと4位のスプリントが、2019年を目途に合併することで合意したというニュースが流れた。この合併は、ネットデジタルの新しいフェーズに入る前触れのようなものだとみるべきだ。5Gでは、VR/ARのようなリアルタイム3次元映像や8Kといった超高精細映像によって「距離」や「理解」の意味を変えることに価値がある。

  • VTuber(バーチャルYouTuber)革命——それは、メディアや教育までも変えるコミュニケーションの新しい扉かもしれない

    2018年04月13日 17時00分

    イノベーションの「A+B」

    第42回  VTuber(バーチャルYouTuber)革命——それは、メディアや教育までも変えるコミュニケーションの新しい扉かもしれない

    4/18、19開催のナレッジキャピタル大学校でイノベーションの「A+B」の話をさせてもらうことになった。ところで、いまA+Bで最強に楽しいのは「バーチャルYouTuber」(VTuber)だと思う。これは、単にバーチャルキャラクターの1ページではなくてコミュニケーションのイノベーションなのだ。

  • 「動画版アイコラ」(Deepfake)が問いかける“ヒト”と“コンピューター”の悪夢的近未来とのつきあい方

    2018年03月07日 17時00分

    もう何も信じられないかそれ以下の時代がやってくる

    第41回  「動画版アイコラ」(Deepfake)が問いかける“ヒト”と“コンピューター”の悪夢的近未来とのつきあい方

    ディープフェイク(Deepfake)は、“人工知能によって生成された偽の情報”の中でも映像のことをいう。2017年12月頃から米国のコミュニティサイト「Reddit」で話題になりはじめたもので、その中でも「フェイクポルノ」は、日本のネット文化的にいえば「アイコラの動画版」である。

  • VRの価値は“Immersive”(没入感)なのだろうか?

    2018年02月27日 15時00分

    キミは女子スケート団体パシュートのVR動画を見たか?

    第40回  VRの価値は“Immersive”(没入感)なのだろうか?

    VRでは、人間とシステムが対称性をもって相互に感じあい、作用しあうことができる。人間が意図的にサインを送ったりしなくても、ちょっとした体の動きを察知して「あ・うん」で共同作業をこなすこともできるようになるだろう。

  • いま最高のガジェットは“人工知能界のEcho”みたいな“ディープレンズだ

    2018年02月19日 09時00分

    第39回  いま最高のガジェットは“人工知能界のEcho”みたいな“ディープレンズだ

    毎月、デジタルガジェットにお金をつぎこんでいる私だが、いまいちばん欲しいのがアマゾンの「ディープレンズ」(DeepLens)だ。写真を見ても分かるとおりリビングなんかに置いて使う、同じアマゾンの「エコー」のようなアプライアンスである。

  • 日本人はインドが好きなのに世界のIT企業のようにインドを目指さないのはなぜか?

    2018年02月15日 09時00分

    第38回  日本人はインドが好きなのに世界のIT企業のようにインドを目指さないのはなぜか?

    『インドシフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?』(PHP研究所、武鑓行雄著)という本が届いた。ちょうど私が武鑓さんをバンガロールに尋ねたのは、ご自身がまさにインドシフトを痛切に感じて明確なアイデアや意見もお持ちになられていた頃だった。

  • 「AIに仕事が奪われる」は怖くない、「古いテクノロジー」を恐れるべき

    2018年01月18日 07時00分

    第37回  「AIに仕事が奪われる」は怖くない、「古いテクノロジー」を恐れるべき

    毎日のようにAIに関連するニュースが流れてくるが、その定番の1つが「AIに仕事を奪われる」という記事だ。しかしそれは正しい認識といえるのか? AIとどうつきあうか、妄想ではなく現実的に考えてみよう。

  • 現在進行中! Kickstarter日本版をやって分かったこと

    2018年01月09日 19時00分

    ドキドキのクラウドファンディングは"作ること"に関する何かがある

    第36回  現在進行中! Kickstarter日本版をやって分かったこと

    2017年9月に日本上陸した「Kickstarter」でプロジェクトを立ち上げてみた。いままでは、ひたすらデジタルガジェットを見つけては買うだけだったのだが、自分でモノを作る側になってみた。

  • ジョブズのヒーローは“Polaroid”だった。そのOneStepが帰ってきた

    2018年01月03日 15時30分

    第35回  ジョブズのヒーローは“Polaroid”だった。そのOneStepが帰ってきた

    ポラロイドを象徴するモデル「OneStep」が、「OneStep 2」として復活してしまった。70年代を代表的プロダクトデザインとその使い勝手はどう蘇らせているか?

  • キーボードを同時打鍵も含めてカスタマイズする「かえうち」をためしてみた

    2017年12月27日 09時00分

    ハードウェアで「親指シフト」(NICOLA)もエミュレーションする

    第34回  キーボードを同時打鍵も含めてカスタマイズする「かえうち」をためしてみた

    キーボード配列変換アダプタの「かえうち」を、短期間だがお借りして試用することができた。私の場合は、これで「親指シフト」(NICOLA配列)が使えるというので興味深々だったのだ。

  • スマホの入力でも日本はガラパゴス、世界は《ひと筆書き》入力が主流だ

    2017年12月19日 09時00分

    第33回  スマホの入力でも日本はガラパゴス、世界は《ひと筆書き》入力が主流だ

    3カ月ほど前、私は、「スマホの最も生産的な入力方法はフリックではなく《ひと筆書き》だ」という記事を書いた。私は、Swypeというアプリが楽しいと思って書いたのだが世界の標準的なスマートフォンの入力は《ひと筆書き》になっているらしい。日本は《フリック》だけどね。

  • 人工知能が本当にかしこくなったときの最初の仕事はなにか?

    2017年12月13日 09時00分

    第32回  人工知能が本当にかしこくなったときの最初の仕事はなにか?

    2000年頃以降、米国大手プラットフォーマーにネットは集中しすぎた。それに対する動きとして非集中型ウェブの議論や分散型ソーシャルメディアのマストドンがある。その分散に、ネット本来の創造性や人工知能の未来があるのではないか?

  • 香港コミックスにはアジアの都市生活者の共感軸がある

    2017年11月14日 12時00分

    3331で開催のPlay! 香港コミックス巡回展にでかけてきた

    第31回  香港コミックスにはアジアの都市生活者の共感軸がある

    「Play! 香港コミックス巡回展」(11/15まで開催)に出かけてきた。香港のマンガは、グラフィックな新しい表現を探している人なら好きになる人が少なくないはずだ。

  • アマゾンは米大手ネット企業なのに社内でコーラが無料じゃないそうだ

    2017年11月10日 09時00分

    “Echo”と“Alexa”は何が凄いのか?

    第30回  アマゾンは米大手ネット企業なのに社内でコーラが無料じゃないそうだ

    スマートスピーカーの本命といえるアマゾンのEchoシリーズがついに国内発売となった。強力なプレミアム会員連携、IoT、スキル戦略。しかし、本当のアマゾンの強さはもう少し別なところにある。

  • Windows MRの「VR」でコンピューターがカンブリア大爆発をはじめるかもしれない

    2017年10月17日 09時00分

    第29回  Windows MRの「VR」でコンピューターがカンブリア大爆発をはじめるかもしれない

    VRがついにブレークする。理由は、Windows MRが提供されたからだ。

  • いまいちばんお勧めのドローン「DJI Spark」を持って香港へ!

    2017年10月13日 19時00分

    そろそろ上海蟹や煲仔飯(土鍋飯)のおいしい季節ですが

    第28回  いまいちばんお勧めのドローン「DJI Spark」を持って香港へ!

    離陸重量300グラムの「DJI Spark」で旅先ドローン。私の場合はもう香港で飛ばしたくてしかたなかった!

  • スマホの最も生産的な入力方法はフリックではなく「ひと筆書き」だ

    2017年10月06日 09時00分

    毎日使う文字入力を効率的にすることで日本の全生産性はあがるはず

    第27回  スマホの最も生産的な入力方法はフリックではなく「ひと筆書き」だ

    米国人はスラスラと文字を入力している。スマホでやることが増えて、文字入力も増えたいま、我々もスラスラ入力したいではないか!

  • 中学生たちに「コンピューターはなぜ面白いのか?」というお話をしてきた

    2017年09月13日 09時00分

    君もスティーブ・ジョブズになれる!!

    第26回  中学生たちに「コンピューターはなぜ面白いのか?」というお話をしてきた

    「中学生向けのプログラミング教室をやるのでエンドウさんも喋ってくださいよ」と頼まれた。「コンピューターはなぜ面白いか?」という話をさせてもらうことにした。

  • 9/6 アート・広告・コンテンツ関係者は必見のディープラーニング講座開催

    2017年09月01日 09時00分

    ラーメン二郎AI開発者も急遽登壇!

    第25回  9/6 アート・広告・コンテンツ関係者は必見のディープラーニング講座開催

    トイドローンの水準を超えた驚異的な飛行安定性を持つ24グラムしかないドローン「CX-OF」が登場した。

  • ICBMより怖いのは常識を超えた24gの親指ドローンではないか?

    2017年08月25日 09時00分

    これからどうなる?(2)

    第24回  ICBMより怖いのは常識を超えた24gの親指ドローンではないか?

    「中学生向けのプログラミング教室をやるのでエンドウさんも喋ってくださいよ」と頼まれた。「コンピューターはなぜ面白いか?」という話をさせてもらうことにした。

  • ドローンの次は多脚AR対戦型ロボットの「メカモン」(MekaMon)と仲間たちだ

    2017年08月18日 15時00分

    これからどうなる?

    第23回  ドローンの次は多脚AR対戦型ロボットの「メカモン」(MekaMon)と仲間たちだ

    英国ブリストルに拠点を置くリーチ・ロボティクス社の「メカモン」(MekaMon)は、そのサイズも手に持ち上げた感じも日本人の好きな“カニ”そのものだ。最新の多脚AR対戦型ゲームロボットの実力は凄い!!

  • 戦後GHQによる「航空禁止令」(?)とはどんな内容だったのか読んでみよう

    2017年08月15日 12時00分

    第22回  戦後GHQによる「航空禁止令」(?)とはどんな内容だったのか読んでみよう

    日本の戦後の記述開発に関するストーリーでは、しばしば触れられるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による「航空禁止令」と呼ばれているものの原文を読んでみよう。

  • 勝手に遊ぶAIが出てきたということは、 人間が頼んでない事をするAIが出てくるということか

    2017年07月01日 09時00分

    第21回  勝手に遊ぶAIが出てきたということは、 人間が頼んでない事をするAIが出てくるということか

    マイクロソフトが、同社の人工知能がAtari 2600版の「ミズ・パックマン」で99万9990点のパーフェクトスコアを達成したと発表した。

  • 人工知能とPythonで書いたBOTとジャパニメーションことはじめ

    2017年06月22日 22時00分

    第20回  人工知能とPythonで書いたBOTとジャパニメーションことはじめ

    ひさしぶりに自分の書いた本を読んでみた。1991年に単行本で出させてもらった『近代プログラマの夕』(ホーテンス・S・エンドウ著、アスキー刊)である。なぜ、そうなったのかというと本の中身をそのままつぶやくマストドンBOTを作りたいと思ったのだ。

  • 角川会長に呼び出されて「マストドンを事業に活用せよ」と言われた

    2017年06月01日 09時00分

    『マストドン』はSNSのリナックスみたいなもの ― すべての企業は検討すべき

    第19回  角川会長に呼び出されて「マストドンを事業に活用せよ」と言われた

    6月10日(土)東京・御茶ノ水で『マストドン会議3』を、12日(月)は大阪・梅田で『マストドン会議4』をそれぞれ開催するにあたって、最近のマストドンについての考えを述べつつ、インスタンス活用の代表例をここで紹介したい。

  • いちばんやさしい「マストドン」(Mastodon)の話

    2017年05月09日 09時00分

    第18回  いちばんやさしい「マストドン」(Mastodon)の話

    この1カ月、日本のネット業界の話題をさらった「マストドン」(Mastodon)。しかし、本番はこれからだろう。「マストドン会議2」を前にその基本を整理してみよう。

  • Twitterのライバル? 実は、新しい「マストドン」(Mastodon)とは!

    2017年04月10日 12時00分

    第17回  Twitterのライバル? 実は、新しい「マストドン」(Mastodon)とは!

    「Twitterのライバル出現」と騒いでいる。「マストドン」(Mastodon)というドイツに住むEugen Rochkoという24歳の若者によってつくられたTwitterライクなサービスだ。

  • 一般の大学生のITへの興味と30歳未満のプロクラマ限定のイベント

    2017年04月08日 15時00分

    第16回  一般の大学生のITへの興味と30歳未満のプロクラマ限定のイベント

    U30(アンダーサーティ=Battle Conference U30)というイベントがあるというので出かけてきた。会場は、港区海岸にあるTABLOIDというとてもオシャレな店舗&イベント施設。そこで感じたのはエンジアと仕事のことだ。

  • 人工知能とVRは、豆腐と納豆の関係

    2017年03月24日 19時00分

    第15回  人工知能とVRは、豆腐と納豆の関係

    上野の国立科学博物館で、3月18日から始まった「大英自然史博物館展」(6月11日まで開催)に、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』の直筆原稿が展示されるそうだ。ところで、人工知能とVRの関係は?

  • 人工知能の時代が来てもプログラミングが必要である理由

    2017年01月26日 22時00分

    日本の子供は賢いがコンピューターが使えない(続々)

    第14回  人工知能の時代が来てもプログラミングが必要である理由

    OECDの「生徒の学習到達度調査」(PISA)で日本の子供たちのネットとデジタルの利用度が世界で最低クラスであることが分かった。「デジタルデバイド」という言葉は、ネットやコンピューターを"使う人"と"使わない人"の間に生ずる"経済格差"のことまでを述べたものだ。では、どうするのか?

  • OECD、PISAの結果をみると日本はもはや“オタク”ですらない

    2016年12月28日 09時00分

    日本の子供は賢いがコンピューターが使えない(続)

    第13回  OECD、PISAの結果をみると日本はもはや“オタク”ですらない

    OECDの「生徒の学習到達度調査」(PISA)の結果は、いささかショッキングな内容だった。数学・読解力・科学の成績がよいのは結構だが、600設問以上におよぶアンケート調査結果には、真摯に受け止めるべきデータが多く含まれている。

  • 日本の子供は賢いがコンピューターが使えない

    2016年12月21日 15時00分

    OECDによる学習到達度調査(PISA)のデータを触って感じたこと

    第12回  日本の子供は賢いがコンピューターが使えない

    OECDによる「生徒の学習到達度調査」(PISA)の結果が発表された。数学・読解力・科学で日本は高い成績だったが、読解力については前回よりも低下した。日本の子供たちの成績に大きな影響を与えたその理由とは?

  • 人生のたいていのことはPythonでできる?

    2016年12月09日 09時00分

    第11回  人生のたいていのことはPythonでできる?

    「女人は我々男子には正に人生そのものである。即ち諸悪の根源である」と芥川龍之介が書いているそうだ。これに倣っていうなら、コンピューターとは人生そのものだと言ってよいと思う。

  • プレゼンが下手な人は「パワポカラオケ」をやってみよう!

    2016年11月11日 09時00分

    パワポ禁止なんてとんでもない! クライアントや上司を説得するためのコミュニケーションを鍛える

    第10回  プレゼンが下手な人は「パワポカラオケ」をやってみよう!

    全世界のビジネスマンの強い味方「パワーポイント」。そのパワーポイントを使ってやる「パワポカラオケ」というのがあるそうな。パワポカラオケと、パワポ禁止を取り巻く最近の議論と、これからについて考察する。

  • アルデュイーノ式自動筆記ロボットはなぜ楽しい?

    2016年10月31日 19時00分

    日本人は関ヶ原の戦いの頃にグーテンベルグの印刷機が入ってきたのに300年も手彫りしてきた

    第9回  アルデュイーノ式自動筆記ロボットはなぜ楽しい?

    18世紀フランスで作られた自動筆記人形。現代の自動筆記人形MakeblockのmDrawBotに描画させてみたら可愛かった。

  • 「京都」は移住におすすめしない。その理由を7つのポイントで解説された

    2016年10月21日 09時00分

    任天堂やはてなもあるデジタルと古都の関係あるやなしや

    第8回  「京都」は移住におすすめしない。その理由を7つのポイントで解説された

    移住には理想の地と名高い京都。しかし、京都人の目には移住に向かない地だそうで。その理由を探った。

  • 世界でいちばんすすんだスマートフォンはどれだ?

    2016年10月13日 17時00分

    第7回  世界でいちばんすすんだスマートフォンはどれだ?

    7つのパーツに分解可能。フェアトレードの精神で作られたスマートフォン“FAIRPHONE2”

  • ディープラーニングとは言うけれど、脳の可能性はとても大きい

    2016年10月03日 09時00分

    ザリガニとネズミとIoTでスマホはこう進化すべき

    第6回  ディープラーニングとは言うけれど、脳の可能性はとても大きい

    ネズミの額に赤外線を検知するセンサーを埋め込み、それを脳の神経細胞につなぐことで“赤外線の見えるネズミ”を作りだしたというニュースがあったのをご記憶だろうか?

  • ゼロ除算と知られざるカシオミニCM-606の秘密

    2016年09月23日 19時00分

    第5回  ゼロ除算と知られざるカシオミニCM-606の秘密

    数学の歴史上「0の発見」は大きなトピックだった。その0で割るということほど哲学的な計算はないのだが、コンピューターにとっても典型的なバグのもとなのだ。

  • 18世紀の紳士のたしなみに学ぶ、プログラミングの話

    2016年09月16日 09時00分

    第4回  18世紀の紳士のたしなみに学ぶ、プログラミングの話

    18世紀には、ヨーロッパの紳士にとっての知的娯楽として“旋盤”は確立されたものになっていた。それは、後期産業主義の時代の下地になった。21世紀のいまの紳士どもの知的娯楽は、だとしたら“プログラミング”であるべきなんじゃないか?

  • 書を捨てよ!ドローンを作ろう。FLYBRIXがやってきた

    2016年09月12日 10時00分

    第3回  書を捨てよ!ドローンを作ろう。FLYBRIXがやってきた

    これからの我々の身の回りの電子機器がどんなものになっていくのか、そのためのいちばんいい教科書はドローンだと思う。

  • 「本」を読まないエンジニアはたぶん進化しないと思う

    2016年09月12日 07時00分

    第2回  「本」を読まないエンジニアはたぶん進化しないと思う

    最近、私が気に入っている神田神保町の「GLITCH・COFFE&ROASTERS」(グリッチ・コーヒー&ロースターズ)というカフェがある。狭い店内の5分の1は占めてしまう巨大な焙煎器もだが、なんといっても「GLITCH」という名前がいい。

  • CODE MASTER!話題の子供向けプログラミングボードゲームをやってみる

    2016年09月10日 20時00分

    第1回  CODE MASTER!話題の子供向けプログラミングボードゲームをやってみる

    「いまの教育制度はコンピューター時代についていけていない」と主張する人物が、“プログラミング”を正面から学ぶとうたった小学生向け知育玩具を作ってしまった。(今回は「週刊アスキー連載中の『神は雲の中にあられる』より転載です)

ピックアップ