このページの本文へ

遠藤諭のプログラミング+日記 第102回

ブロックdeガジェット by 遠藤諭 013/難易度★★

1979年発売のソニー初代Walkmanがもたらしたもの

2021年09月16日 09時00分更新

文● 遠藤 諭(角川アスキー総合研究所)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 私のウォークマンとの出会いはこうだ。あるとき西武新宿線は中井にあった「吃菜館」(ちいさいみせ)という餃子のお店にいくと、主人が頭になにかつけている。戦後、中国に残り人民解放軍で料理人として働いたという店主だが、モダンジャズのファンだった。「それなんですか?」と聞くと、うれしそうに「これソニーが発売したんだよ」とヘッドホンをはずして本体も見せてくれた。

 映画『はだしのゲン』にじゃじゃ麺屋役として出演しているという、ちょっとナゾのある店主は「大阪では流行っているそうですよ」と教えてくれた。カセットテープレコーダーの形をしているのだが、ヘッドホンをかけてみるとマイルス・デイビスのトランペットの繊細な音がリアルに頭の中で蘇る。1979年発売の初代ウォークマンは、発売と同時に売れまくったわけではなかったのだ。しかし、やがては一世を風靡、地球まるごとの音楽文化を変えたのはご存じのとおりだ。

 「ブロックdeガジェット by 遠藤諭」の#13は、この初代ウォークマンを作る。あまりに伝説的な製品であるために、さまざまな逸話が語られているが、技術的な視点でもマーケティング戦略的な視点でも、注目すべきことが多いのは事実だ。動画の中では、コンピューターとの関係や世界中の誰もが日々お世話にる(!)意外な規格について語ります。

 

「ブロックdeガジェット by 遠藤諭」:https://youtu.be/YUa22FkzdsY
再生リスト:https://www.youtube.com/playlist?list=PLZRpVgG187CvTxcZbuZvHA1V87Qjl2gyB
「in64blocks」:https://www.instagram.com/in64blocks/

 

遠藤諭(えんどうさとし)

 株式会社角川アスキー総合研究所 主席研究員。プログラマを経て1985年に株式会社アスキー入社。月刊アスキー編集長、株式会社アスキー取締役などを経て、2013年より現職。角川アスキー総研では、スマートフォンとネットの時代の人々のライフスタイルに関して、調査・コンサルティングを行っている。「AMSCLS」(LHAで全面的に使われている)や「親指ぴゅん」(親指シフトキーボードエミュレーター)などフリーソフトウェアの作者でもある。趣味は、カレーと錯視と文具作り。2018、2019年に日本基礎心理学会の「錯視・錯聴コンテスト」で2年連続入賞。その錯視を利用したアニメーションフローティングペンを作っている。著書に、『計算機屋かく戦えり』(アスキー)、『頭のいい人が変えた10の世界 NHK ITホワイトボックス』(共著、講談社)など。

Twitter:@hortense667

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン