このページの本文へ

『IBM eserver xSeries』の新モデル発売

2002年09月14日 12時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は、『IBM eserver xSeries』の新モデルを発表した。

新たに発表されたのは、Pentium 4を搭載した『IBM eserver xSeries 205』3機種と、Xeonを搭載した『IBM eserver xSeries 335』。

『IBM eserver xSeries 335』
『IBM eserver xSeries 335』

『IBM eserver xSeries 205』は、タワー型の躯体にPentium 4-2.4GHzを搭載したエントリークラスのサーバ。部門向けファイルサーバやプリントサーバとして利用することが想定されている。搭載メモリ量やディクスインターフェイス、プリインストールOSが異なる、以下の3種類のモデルが用意される。

『IBM eserver xSeries 205 モデル32X』
メモリ……256MB(最大2GB)
ディスクインターフェイス……Ultra160 SCSI(標準で36.4GBのHDDを搭載、最大293.6GB)
プリインストールOS……なし
『IBM eserver xSeries 205 モデル33X』
メモリ……256MB(最大2GB)
ディスクインターフェイス……ATA-100(標準で40GBのHDDを搭載、最大240GB)
プリインストールOS……なし
『IBM eserver xSeries 205 モデル3GJ』
メモリ……512MB(最大2GB)
ディスクインターフェイス……ATA-100(標準で40GBのHDDを搭載、最大240GB)
プリインストールOS……Windows 2000 Server

『IBM eserver xSeries 335』は、1Uラックマウントサイズのサーバで、Xeon-2.4GHzを最大2基搭載可能。ASPやIDCのキャッシュサーバやロードバランシングサーバ、科学技術計算用クラスタサーバといった用途を想定したモデルだ。おもな仕様は以下のとおり。

  • メモリ……512MB(最大4GB)
  • ディスクインターフェイス……Ultra320 SCSI(最大146.8GB)

サポートOSは、いずれもWindows 2000 Server/Advanced ServerとRed Hat Linux 7.3。価格と出荷開始日は以下のとおり。

  • 『IBM eserver xSeries 205 モデル32X』……24万3000円、9月13日出荷開始
  • 『IBM eserver xSeries 205 モデル33X』……18万7000円、9月13日出荷開始
  • 『IBM eserver xSeries 205 モデル3GJ』……31万3000円、10月4日出荷開始予定
  • 『IBM eserver xSeries 335』……58万円、9月20日出荷開始予定

カテゴリートップへ

ピックアップ