このページの本文へ

『IBM eserver xSeries 440』シリーズにエントリーモデルを含む新製品が登場

2002年08月21日 17時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は、IAサーバのハイエンドモデル『IBM eserver xSeries 440』に、エントリーモデルやXeon MP-1.4GHz搭載モデルを含む新ラインナップを発表した。

IBM eserver xSeries 440 エントリー
今回発表された『IBM eserver xSeries 440 エントリー』モデル。

今回新たに発表されたのは、Xeon-2.4GHzを搭載した『IBM eserver xSeries 440 エントリー』2機種と、Xeon MP-1.4GHzを搭載した『IBM eserver xSeries 440 モデル1RX』。いずれも4Uラックマウントサーバで、チップセットに『IBM XA-32』、グラフィックは『S3 Savage4 LT』を搭載する。これまでUNIXサーバ上で行なってきたERPやCRMなどの業務をターゲットに販売される。

『IBM eserver xSeries 440』には、「Project eLiza」の成果である「メモリーProteXtion技術」(メモリの一部に障害が生じた場合、その領域を避けてシステムを稼働させる技術)や「Chipkill ECCメモリ」(複数ビットのエラーを自動修正するメモリ)などが搭載されている。

今回発表されたモデルのおもな仕様と価格、出荷予定日は以下のとおり。

『IBM eserver xSeries 440 エントリー モデル3RY』
CPU……Xeon-2.4GHz×2(最大4基)
HDD……最大146.8GB
メモリ……2GB(最大32GB)
価格……320万円から
出荷予定……2002年9月13日
『IBM eserver xSeries 440 エントリー モデル4RY
CPU……Xeon-2.4GHz×4(最大4基)
HDD……最大146.8GB
メモリ……4GB(最大32GB)
価格……470万円から
出荷予定……2002年9月13日
『IBM eserver xSeries 440 モデル1RX
CPU……Xeon MP-1.4GHz×2(最大8基)
HDD……最大146.8GB
メモリ……2GB
価格……420万円より
出荷予定……2002年8月30日

カテゴリートップへ

ピックアップ