このページの本文へ

IBM、『PCリモコン』最新版を発表

2001年11月14日 17時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は、PC遠隔管理ツール『Desktop On-Call V5』を11月22日より発売することを発表した。

『Desktop On-Call』をインストールしたマシンのデスクトップを、遠隔地のPDAから操作することも可能だ。

『Desktop On-Call』は、操作される側のPC(以下、ホストPC)に同ソフトをインストールすることで、遠隔地のPC(以下、クライアントPC)のJava対応ブラウザからホストPCを操作できるようにするもの。iモードやEZweb、J-スカイからホストPCの画面を確認したり、ホストPCに接続されたデジタルビデオカメラなどの映像をモニターすることも可能だ。新バージョンでは、PDAからのホストPC操作に対応した。

主な機能は以下のとおり。

  • PCの遠隔操作機能(PC、PDAのJava対応Webブラウザ)
  • PC画面表示機能(iモード、EZweb、J-スカイ)
  • PCに接続したデジタルビデオカメラの映像表示機能

ホストPCとしてサポートするOSは以下のとおり。

  • Windows 95/98/Me/NT/2000/XP
  • OS/2 Warp
  • Mac OS 9
  • Red Hat Linux、Turbolinux、Caldera Open Linux

製品ラインナップと価格は以下のとおり。

  • Desktop On-Call V5 製品版……1万1800円
  • Desktop On-Call V5 アップグレード版……6800円
  • Desktop On-Call V5 SOHOパック(10ライセンス)……9万6000円
  • Desktop On-Call V5 SOHOパック(10ライセンス)アップグレード版……5万5000円

カテゴリートップへ

ピックアップ