このページの本文へ

IBM、LinuxWorldで新Linux戦略を発表―64-WayPCサーバ計画など

2001年02月03日 19時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米IBMは1月31日、LinuxWorld開催中の米国New Yorkにて、Linuxに関する新しいサービスの開始と、その新たなLinux関連サービスに、今後3年間で3億ドル以上を投資する計画を発表した。同時に、Linuxに対応する新しいハードウェアおよびソフトウェアに関するアナウンスも行なわれた。

サービス面での強化

骨子は、Linuxを用いた商用e-businessソリューションの導入や立ち上げを支援するというもの。具体的なサービス内容は以下の通り。
「Linux対応e-businessイネーブルメント」および移行サービス
IBM製であるなしを問わず、Linuxを使用したe-business環境の配備、最適化を支援する。
Linux環境でのオープンソースコンサルティング
Linuxに関心のある顧客に対し、オープンソースのソフトウェアや、オープンソースのコミュニティーについての学習を支援する。
Web and High Availability Cluster Services
インターネットやエンタープライズクラスの基幹業務に対するLinuxクラスタの設計、導入、サポートについて支援する。

こうしたサービス強化に伴い、IBMが従来から契約しているRed HatやLinuxcareだけでなく、新たに独SuSEともテクニカルサポートの契約を締結した。SuSEはこの契約により、SuSE Linuxに関する障害などについてIBMをサポートする。

Linux対応ハードウェア―64-WayのPCサーバ計画を発表

IntelアーキテクチャのサーバファミリーxSeries(旧Netfinity系とNUMA-Q)の新製品「IBM eServer x430」を発表。x430は、Linux Application Environment(LAE)に対応した「小規模なIntelベース・プラットフォームとメインフレーム間の中間に位置するよう設計された」64-Wayのエンタープライズ向けサーバ。これにより、1CPUのシステムからメインフレームレベルまでのシームレスなスケールアップが可能になるという。

また、LAEサポート推進のため、IBMは米国Oregon州BeavertonにLinuxコンピテンシー・センターを開設し、ソフトウェアベンダーがLAE上でのアプリケーションの動作テストに利用できるようにした。

ソフトウェア/ソリューション

最後に、ソフトウェアやソリューションに関しても、2点の発表があった。
  1. ワンチップでのルーティングなどで使用するネットワーク関連のアプライアンス用プロセッサ『IBM PowerNP』上のLinux向けに、開発ツールとサービスを統合したソリューションを提供する。
  2. Red Hat Linuxに加え、SuSEおよびTurboLinux向けにもWebSphere Commerce Suite Start Editionを提供する。

カテゴリートップへ

ピックアップ