このページの本文へ

ミラクル・リナックス、東芝、アルゴ21がLinuxクラスタソリューションの販売で提携

2002年09月27日 17時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラクル・リナックス(株)、(株)東芝、(株)アルゴ21は、Linuxクラスタソリューション分野で提携すると発表した。

今回の提携により、ミラクル・リナックスは、東芝のクラスタソフトウェア『ClusterPerfect』を『MIRACLE LINUX Standard Edition』にバンドルした『MIRACLE LINUX with ClusterPerfect』を販売する。また、アルゴ21によるサポートサービスの販売代行も行なう。

東芝の『ClusterPerfect』は、Windows、AIX、Solaris、Linuxなどに対応したクラスタソフト。さまざまなOSが混在した環境でもフェイルオーバークラスタを構築することが可能だ。OracleやDB2、Lotus Notesなどのミドルウェアを監視するスクリプトも用意されている。

ミラクル・リナックスは、昨年より『MIRACLE LINUX with Cluster』ソリューションの販売、サポートを提供している。今回の提携により、大企業の業務システム向けLinux市場の拡大を推進するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ