このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第37回

ソフトバンク「完全使い放題」目指す:

5Gスマホは通信速度制限がなくなりそうだ

2019年04月15日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月10日、総務省は5Gの開設計画を提出したキャリア4社に対して、免許を認定した。これにより、各キャリアは2020年春に予定している5Gサービスに向けて、全国各地で工事に着手することになる。免許を受け取ってから、2年以内に全国すべての都道府県、5年以内には日本全土を10キロ四方で区切った4700区画のうち、半分以上を5Gエリア化させていくことになる。

 ちなみに割り当てられた周波数帯は3.7GHz、4.5GHz、28GHzの計10枠。NTTドコモとKDDIが3枠、ソフトバンクと楽天が2枠獲得した。

 3枠獲得したNTTドコモとKDDIに比べて、2枠と見劣りするソフトバンクの宮川潤一副社長は「大変嬉しく思う。希望しているものにほぼ近い状態でいただけた。これから精一杯頑張って、ネットワークを作りたいと思う」と表向きは喜びつつ、「本音を言うと、(NTTドコモやKDDIと)同じだけ欲しいという気持ちはある。ただ、今回の割当周波数、さほどそこまで背伸びする必要はないかと思っている。正直ベースで開設計画は書かせてもらった。既存の周波数と足してどんなネットワークを作るのかというので勝負をしていきたい」と余裕を見せた。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン