このページの本文へ

ソフトバンクとKDDI、5Gの早期整備を共同で推進

2019年07月03日 18時40分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとソフトバンクは7月3日、両社が保有する基地局資産を相互利用し、地方における第5世代移動通信システム(以下「5G」)のネットワークの早期整備を共同で推進することを発表した。

 5Gネットワークは、高解像度映像伝送による遠隔監視や遠隔操作、データ収集・解析などによる生産性向上を実現し、地域企業やスタートアップ企業と共に、地場産業の活性化により貢献することができるとされている。

 しかし5Gネットワークでは28GHz帯や3.7GHz帯のような高い周波数帯を用いるため、全国整備には膨大な数の基地局の設置が必要になるとのこと。

 両社は、「インフラシェアリング」による効率的な基地局の整備を推進し、5Gネットワークの地方展開を加速するべく、共同施工管理会社の設立を視野に入れて検討しているという。

 両社は準備室を設置し、今秋から北海道旭川市内、千葉県成田市内、広島県福山市内で共同実証に取り組む。工事設計から施工管理までのプロセス効率化を図るとともに、5Gネットワークの品質向上効果や地方における整備期間の短縮効果を検証していくとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン