このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第149回

コストをおさえてパフォーマンスアップ:

新iPad miniは仕事やゲームにも使えそうだ

2019年04月16日 17時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年以来の新モデルとなる、第5世代の「iPad mini」が発売されました。実に3年半ぶりの新モデルとして、首を長くして待っていた人も多いのではないでしょうか。ただ、3年半の間にモバイルデバイスを取り巻く環境が大きく変わったことも事実です。帰ってきたiPad miniに、果たして居場所はあるのでしょうか。

■見た目は一緒だが中身が大きく進化

 2015年発売の「iPad mini 4」以降、iPad miniのモデルチェンジは3年半も途絶えていました。Androidの小型タブレットが次々と登場するのを横目で見ながら、iPad miniの後継機は半ばあきらめていた人も多いのではないでしょうか。

まさかの新モデル登場となった第5世代iPad mini

 その中で急に復活した第5世代のiPad miniは、外観こそiPad mini 4とほとんど変わっていないものの、第1世代Apple Pencilへの対応、最新CPUのA12 Bionicを搭載するなど、順当な進化を遂げています。

 スペック表から読み取りにくい進化として、液晶面とガラス面の視差が小さいフルラミネーション仕様を採用。特にペン入力では、ガラス面にApple Pencilのペン先を当てて液晶面に描画するため、重要な進化といえます。

 インタフェースはLightningのままですが、実際に試すとUSB 3.0の転送速度やUSB PDに対応した急速充電が有効になっており、しっかりアップデートされています。

 iPad Proが狭額縁の新デザインになったことに比べれば目新しさはないものの、コストをおさえながら性能を向上させた、お買い得なモデルに仕上がっている印象です。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン