このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第164回

ファーウェイ新製品ついに販売開始:

ドコモ「HUAWEI P30 Pro」発売危ぶまれる

2019年08月13日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月に入り、発売が見送られていたファーウェイの最新ミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite」が続々と登場しています。ベストセラーの後継機として、待っていた人も多いのではないでしょうか。

 その一方で、NTTドコモが今夏発売予定の「HUAWEI P30 Pro」はNTT持株会社の意向もあり、発売が危ぶまれています。

■ファーウェイ端末の販売開始にNTTは否定的

 ファーウェイ・ジャパンが5月に発表した「HUAWEI P30」シリーズについて、8月5日には楽天モバイル、8月8日にはKDDIとソフトバンク(Y!mobile)、8月9日にはmineoとLINEモバイルが販売を開始しました。

au版のHUAWEI P30 lite Premium

 一方、8月6日に開かれたNTT持株会社の決算説明会では、こうした動きについて澤田純社長が「お客様に迷惑をかける可能性が高いのではないか。同業者として、おかしな取り組みだと感じている」と否定的に発言したことが報じられました。

ドコモの夏モデル発表会で登場した「HUAWEI P30 Pro HW-02L」。今夏発売予定となっていた

 あくまで実際に商品を取り扱うNTTドコモではなく、グループの持株会社であるNTTのコメントではあるものの、ドコモによるファーウェイ製品の発売は困難な状況になったとの見方が出ています。

 NTTの発言自体も、ある意味では的を射たところがあります。

 一般に、キャリアモデルのスマホはメーカーから仕入れた端末をキャリアの製品として販売します。何か問題があれば責任を取るのはキャリアである以上、慎重になるのは当たり前です。

 米中関係に目を向けると、貿易摩擦はまだまだ続いており、ファーウェイへの制裁も完全に解除されたとはいえません。KDDIやソフトバンクは安全性を確認できたとしているものの、ドコモは難しい判断を迫られることになるでしょう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン