このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第160回

HUAWEI P30 Proが売り場に:

欧州でも人気のファーウェイ 反撃なるか

2019年07月05日 09時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米中貿易摩擦の中で困難な状況にあるファーウェイですが、欧州ではどうなっているのでしょうか。今回はドイツを中心に、現地で見かけたファーウェイスマホの最新情報をお届けします。

■欧州でも人気のファーウェイスマホ

 ファーウェイのスマホがシェアを伸ばしている地域のひとつが、欧州です。フラグシップのPシリーズはパリ、Mateシリーズはロンドンで新製品を発表していることも追い風になっています。

 その中で、いま最も目立っているのが最新フラグシップの「HUAWEI P30 Pro」です。ライカとの協業によるハイブリッド10倍ズームを中心に、ドコモ版にはない赤系のAmber Sunrise色、青系のAurora色も展開しています。

売り場の主役はHUAWEI P30 Pro(フランクフルトの家電量販店にて)
ドコモ版にはない色を含む全4色を展開する

 ミッドレンジの中でもやや上位に位置する「HUAWEI P30 lite」(329ユーロ)は、欧州版はリアのメインカメラが4800万画素と、日本版の2400万画素より強化されているのが面白い点です。

HUAWEI P30 lite。リアカメラが強化されている

 ひとつ下の価格帯では、ポップアップ式のフロントカメラを搭載した「HUAWEI P smart Z」(269ユーロ)や、水滴型ノッチの「HUAWEI P smart+ 2019」(259ユーロ)が並んでいます。その前モデルのHUAWEI P smart 2019は、日本では「nova lite 3」の名前で出ていました。

HUAWEI P Smart Z。200ユーロ台でノッチのない全画面を実現

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン