このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第155回

HUAWEI P30販売開始の動きも:

ファーウェイ問題 次の展開は

2019年05月28日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米国から輸出規制を受けたファーウェイの話題で、業界が持ちきりとなっています。5月24日に発売されるはずだった「HUAWEI P30」シリーズは延期が相次ぐ一方、販売再開に向けた動きも出てきました。

■発売延期が相次いだ新製品、再開の動きも

 ファーウェイのスマホ新製品は、大きく分けてキャリアモデルとSIMフリーモデルの2つに分かれています。

 ドコモの「HUAWEI P30 Pro HW-02L」などのキャリアモデルは、キャリアの商品として販売し、サポートもキャリアが窓口になります。そのため、各キャリアは発売に向けて慎重に検討を重ねているのが現状です。

ドコモ版「HUAWEI P30 Pro」は予約受付が中止に

 これに対してMVNOや量販店が販売するSIMフリー版は、ファーウェイがサポートを提供します。そのため、発表会場では「売ること自体は問題ない」との空気が広がっていましたが、実際には発売延期が相次ぎました。

SIMフリー版も発売延期が相次いだ

 たとえばAmazon.co.jpでは、新製品だけでなく既存のファーウェイ製品の販売ページにも「OSに懸念が発生している」との注意書きが加わりました。中古ショップを展開するゲオモバイルでは、ファーウェイ製品の買取を停止しています。

アマゾンではHUAWEI P20 liteなど既存製品にも注意書きが

 MVNOの中ではNifMoが一貫して販売を続けているほか、イオンモバイルやエキサイトモバイルはいったん延期したものの、販売を開始。量販店でもヨドバシカメラやビックカメラが販売を開始するなど、販売チャネルによって判断は分かれています。

イオンモバイルは販売を再開。大々的に売り出している

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン