このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第172回

ピカピカだけが高級スマホじゃない:

「Pixel 4」グーグル仕込みのAIカメラが進化

2019年10月23日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルの最新スマホ「Pixel 4」は、10月15日のグローバル発表に続き、東京でも製品やデザインについてのイベントが開かれました。

 Pixel 4では、グーグルが誇るAIカメラが2眼へと進化。他のスマホとは一線を画したデザインにも魅力が秘められています。

■「ピカピカ」が高級スマホではない

 10月16日にグーグルは東京でも「Pixel 4」や「Nest」シリーズの新製品を発表。翌17日にはニューヨークでの発表会にも登壇したハードウェアデザインの責任者であるアイヴィ・ロス氏が来日するなど、グーグルの本気度が感じられる展開となりました。

米グーグル ハードウェア製品デザイン担当VP アイヴィ・ロス氏

 検索エンジンとして始まったグーグルがハードウェア製品を出すとき、「グーグルはどのような手触りなのか」を出発点にデザインの方向性を議論していったといいます。

 その中で話題になったのが、Pixelシリーズの外観が他社のハイエンド端末とは異なり、ピカピカした高級感を醸し出していない点です。これに対してロス氏は、「ピカピカしているスマホが高級なのではない」と否定。手に馴染みやすいことを優先したと語っています。

 一方、カメラのデザインがiPhone 11に似ているとの指摘もありました。こちらは1年半前からデザインをしており、意図して似せたものではないことを語っています。デザインスケッチからは、iPhone 11に似た形状など、さまざまなアイデアが候補になっていたことが見て取れます。

Pixel 4のデザインスケッチ。カメラの形状はさまざまな試行錯誤がなされている

 実際にPixel 4を手に取ってみると、しっかりした金属フレームをガラスで包み込んでいることが分かります。カメラの周囲は黒く、電源ボタンはあえてカラーを採り入れることでコントラストを強調するなど、メリハリのある「ボールド」感が出ています。

アップルやファーウェイとは方向性の異なる質感が魅力

 さらに今回も純正ケースとして、5280円とやや高いもののファブリック素材のケースが提供されています。最近のスマホデザインに食傷気味だった人にとっては、新たな選択肢になりそうです。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ