このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第8回

モダンデザインのモデルから目覚まし時計型まで!

超個性派揃いの「Edifier」ブランドBluetoothスピーカー

2012年12月25日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

音に対して情熱を持って製品をラインナップする「Edifier」ブランド

 いまや音楽をオーディオ機器で聴いているユーザーは少ない。デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンなどで視聴しているユーザーが大半だ。そこで気になるのは音質。前述の機器は、音楽を手軽に聞けるものの、内蔵のスピーカーや付属のイヤフォンは貧弱で、音楽好きには物足りない場合が多い。

 そういった問題を解決してくれるのがBluetoothスピーカーだ。デジタルオーディオプレーヤーやスマートフォンなどと、無線で手軽に接続でき、大出力のスピーカーで、存分に音楽を楽しめる。実際、各メーカーから多数の製品が登場し、ここ数年で市場が急激に広がっている。

 今回、このデジギア道で紹介するのは「Edifier」ブランドのBluetoothスピーカーだ。Edifierは“A passion for sound”をスローガンに掲げ、ひたむきにオーディオ機器を製作しているブランド。そのEdifierブランドから目覚まし時計型Bluetoothスピーカー「TickTock Bluetooth」(以下、TickTock BT)シリーズとデザイン性を追求したBluetoothスピーカー「PrismaBT」シリーズの2シリーズがリリースされた。2つの個性派スピーカーを紹介して行こう!

PrismaBTシリーズ。ブラックとホワイトの2色を用意
PrismaBTシリーズのおもな仕様
カラバリ ブラック(E3350BT-BK)、ホワイト(E3350BT-WH)
スピーカーユニット
(サテライトスピーカー)
直径19mm(防磁型)、直径70mm(防磁型)
スピーカーユニット
(サブウーファー)
直径131mm
アンプ最大出力 9W×2(サテライトスピーカー)+30W(サブウーファー)
S/N比 85dB以上
音声入力 Bluetooth、3.5mmステレオミニジャック
通信距離 約10m
サイズ [サテライトスピーカー部]幅96×奥行き118×高さ234mm、[サブウーファー部]幅248×奥行き294×高さ199mm
重量 4.1kg
直販価格 1万9800円
TickTock BT MF240BTシリーズ。こちらもブラックとホワイトの2色を用意
TickTock Bluetoothシリーズのおもな仕様
カラバリ ブラック(MF240BT-BK)、ホワイト(MF240BT-WH)
スピーカーユニット 直径40mm(防磁型)
アンプ最大出力 4W×2
S/N比 85dB以上
音声入力 Bluetooth、3.5mmステレオミニジャック
通信距離 約10m
サイズ 幅130×奥行き89×高さ126mm
重量 0.5kg
直販価格 9980円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン