このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道 第45回

aptX対応で高音質・低遅延! Bluetoothワイヤレスレシーバー「PTM-BTR2」を試す

愛用のスピーカーやコンポをワイヤレスにするワザ

2016年02月25日 11時00分更新

文● 花茂未来 編集●ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPodなどの携帯音楽プレーヤーやiPhone/Androidスマートフォンを使い、外出先で音楽を楽しんでいる人も多いだろう。ボクも外出先では携帯音楽プレーヤーを利用し、自宅の書斎ではPCで音楽を聴くことが多い。

 ただこれだと、自宅の書斎意外で音楽をスピーカーで聴けないし、書斎でもわざわざ音楽を聴くためにPCを起動するのがおっくうなときもある。

 そこで今回試してみたいのが、プリンストンから発売中のBluetoothオーディオレシーバー「PTM-BTR2」だ。手持ちのオーディオ機器の外部入力端子を利用してBluetooth対応にするという製品で、早い話がいまあるスピーカーをワイヤレス化してしまうというもの。

 これを使えば、PCを起動しなくてもiPodの音楽を再生できるし、手頃なスピーカーを別途用意すればキッチンやリビングでも手軽に音楽を楽しめるのではというもくろみだ。

BluetoothオーディオレシーバーPTM-BTR2

 PTM-BTR2は、aptXというコーデックに対応しているBluetoothオーディオレシーバー。Bluetoothで音楽データをやりとりする場合、圧縮して伝送されるのだが、aptXではこのときの圧縮率がすくなく、高音質な音を楽しめるというもの。また音の遅延も少ない。

PTM-BTR2。直販価格は4946円。

 aptXは、主にAndroidスマートフォンで採用されていることが多い。もちろん本製品は、Bluetooth機器なら必ず対応しているSBCというコーデックも利用可能なので、iPhoneでの利用もできる。

 PTM-BTR2とスピーカーの接続は、S/PDIF(光角型)、もしくは3.5mmステレオミニジャックで行う仕組み。接続ケーブルはスピーカーに付属しているものを利用するか、別途用意しよう。

スピーカーとの接続はS/PDIF(光角型)か3.5mmステレオミニジャック。

 本体サイズは幅64×奥行き22×高さ52mmで、重さは36gと小ぶり。専用スタンドが付属していて縦置きもできるため、スッキリと収納できる。給電は付属のUSB充電ケーブルで行い、USBケーブルの接続先はPCでも、スマートフォンなどに付属しているコンセントをUSBに変換する充電アダプターでもいい。

専用スタンドで縦置きが可能。もちろん横置きでも大丈夫。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン