このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第5回

手描きの良さを再確認できるiPad用筆圧感知スタイラス

約1万円で液晶ペンタブっぽい環境が手に入る「Jot Touch」

2012年08月27日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎 写真●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

筆圧感知が可能なスタイラス

 8月からプリンストンテクノロジーで取り扱いが始まった、iPad用のスタイラス「Jot Touch」。これは筆圧感知センサーを搭載し、その情報をBluetoothで伝送するという、いままでにない高い機能を持つエポックメイキングなアイテムだ。

 これまで、低価格なペンタブレットと言えば、専用のタブレットが付属しており、そのうえでペンを動かし、イラストなどを描くといった形式のものばかりだった。対して、この「Jot Touch」は、ダイレクトに画面へ描くことができる点が特徴。これは、プロ向けの液晶ペンタブレットなどの使用感に近い。書き味や操作性など機能性では及ばないものの、わずか1万円程度の投資で、プロ向け機器に近い環境を手に入れられる魅力的な製品なのだ。

「Jot Touch」。カラバリはガンメタリックとレッドの2種類
主な仕様
製品名 Jot Touch
通信規格 Bluetooth 2.1+EDR
通信距離 約10m
連続使用時間 約12時間
対応機種 iPad(第3世代)、iPad2
サイズ 直径10.9×高さ140.7mm
重量 約25g
カラーバリエーション ガンメタリック(JOTT-GM)/レッド(JOTT-RD)
実売価格 約1万円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン