このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道第82回

安価で使いやすいプリンストン「PSP-BPR」をレビュー

パソコン、スマホ、ゲームの音を手軽にド迫力化するキューブスピーカー

2019年04月01日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いよいよ新生活スタート! 音にもこだわりたい

 新入生、新社会人の皆さんは、4月からいよいよ新生活がスタート。すでに引越しも終えたという人が大半だろう。さて、家具家電までは入念に揃えたとしても、生活必需品ではないもの、たとえばスピーカーにまでは気が回らない人も多いと思う。

 そんな人たちにオススメしたいのが、プリンストンのキューブ型スピーカー「PSP-BPR」だ。およそ幅102×奥行き119×高さ104mmというコンパクトな筐体で、重量もおよそ600gと軽い。

 カラーはブラック、レッド、ブルーの3種類。直販価格で2138円と、価格も大変手頃で、手を出しやすいスピーカーだ。早速使い方を見ていこう。

接続は簡単! USBバスパワーで駆動

 入力は、一般的な3.5mmミニジャックが1系統。ほとんどのパソコンに対応できる。

MacBookとの接続例。接続にはアダプターが必要だ

 電源は、基本的にUSBバスパワーを使う。端子はType-Aなので、Type-Cのパソコンで使う場合は、変換アダプターを噛ませよう。なお、Type-Aから家庭用コンセントへの変換アダプターでも駆動するので、パソコン側の端子を塞ぎたくない場合は、合わせて用意しておこう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン