このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

プリンストンのデジギア道第81回

ドッキングステーション「PUD-CDOCM」でHDMI、VGA、LAN、Type-Aを使う!

USB Type-C搭載PCやiPad Proの「端子足りない問題」を解決する

2019年03月01日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USB Type-C問題について考える

 USB Type-Cを搭載するモバイルノートPCが増えている。「USB Type-C ノートPC」と検索すると、レノボの「Ideapad 720S」やエイスースの「VivoBook S15」、デルの「Inspiron 13 7000」といった大手メーカーのスタンダードクラスのノートPCが検索結果として表示される。

 一方で、サードパーティー製の周辺機器は、まだまだ従来のUSB Type-Aが根強いという印象だ。たとえば、家庭向けプリンターの多くが、標準の同梱物としてUSB Type-Aタイプのケーブルを採用している。

 2種類の端子が混在している状況は、ユーザーにとっては悩ましい。

デジ像 DockingStation PUD-CDOCMを活用する

デジ像 DockingStation PUD-CDOCMはコンパクトなドッキングステーションだ

 無線でつなげるものは無線で、そうでないものは、映像の伝送や給電にも対応するUSB Type-Cで、というのが、これからモバイル機器が向かう方向ではあると思う。しかし現在はその過渡期であり、「さまざまな端子を使いたいが、手持ちの機器はType-Cしか使えない」といった状況が発生しやすいのである。

 「デジ像 DockingStation PUD-CDOCM」はUSB Type-C端子に接続するだけで、USB Type-A端子(USB3.0)、LAN(Gigabit Ethernet)、HDMI、VGA(D-Sub 15ピン)の4種類が使えるように変換してくれるドッキングステーションだ。

 USB Type-Aの周辺機器が使えるようになるだけでなく、プロジェクターやディスプレーへの出力もできるようになるし、有線で高速ネットワーク環境に接続できるようになる。

※HDMIまたはRGBへの出力を行なうにはPCがUSB Type-C DisplayPort Alt Modeに対応している必要があります。また、HDMIとVGAの同時出力はできません。

サイズはおよそ幅105×奥行き63×高さ16mm、重量およそ82gとコンパクト

 サイズはおよそ幅105×奥行き63×高さ16mm、重量およそ82gとコンパクト。USBバスパワーで動作するためACアダプターは不要。携帯性もよい。

 ノートPCを入れているケースに一緒に入れて常に持ち歩けば、出先でプロジェクターに接続したいときなどに便利だ。会社のデスクに常に置いておき、外出先ではノートPC単体で、オフィスではディスプレーやキーボード、有線LANを接続して、デスクトップPCに近い状態でノートPCを使うといったことも可能。

12型のMacBookと比較しても小さい

 USB Type-Cしか搭載しないノートPCをメインで使っているなら、1台持っておきたい製品なのだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン