このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第17回

業界初の静電発生機構搭載したスタイラスペン

直径4mmの極細ペン先でスラスラ書ける「PSA-TPA1」

2013年08月29日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

業界初の静電発生機構搭載は伊達じゃない!

 いままで、さまざまなスタイラスペンを発売してきたプリンストンテクノロジーから新しいアクティブ スタイラスペンが発売された。「PSA-TPA1」というこのスタイラスペンの特徴はそのフォルムだ。従来、スタイラスペンというと、ペン先に導電性のゴム部分が大きなタイプが多く、もっさりとした印象の製品が多かった。

 対して「PSA-TPA1」は、ペン先が直径4㎜のスリムヘッドになっており、じつにスタイリッシュだ。細いペン先でもしっかり書くことができるのは、この「PSA-TPA1」が業界で初めて静電発生機構を搭載しているため。

飾り気の少ないシンプルな外観デザイン。ペン先に向かうにつれて細くなる形状が特徴的
直径4mmのスリムヘッド。一般的なスタイラスペンのペン先と比べると、本製品のペン先が細いことがよくわかる

 PCのタッチパネルは人間の体から発生する静電気を感知して反応するのだが、静電発生機構を搭載した「PSA-TPA1」はペン自体から静電気を発生させるので、筆圧も従来の1/3程度で済んでしまう。もうゴリゴリ押しつけなくても大丈夫。いままでにないスラスラとした書き味はこの静電発生機構が実現させている。なお、電源はちょっと珍しい単6乾電池。ペン本体に入れて使うのだが、1本で約140時間の連続使用が可能だ。

ペン先がスリムでスタイリッシュなデザインの「PSA-TPA1」。ブルー、シルバー、レッドの3色を用意している
「PSA-TPA1」シリーズの主な仕様
カラーバリエーション ブルー(PSA-TPA1BU)、シルバー(PSA-TPA1SV)、レッド(PSA-TPA1RD)
連続使用時間 約140時間
対応機種 iPadシリーズ
サイズ 直径11.5×高さ130mm
重量 約17g
電源 単6アルカリ乾電池
直販価格 3980円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン