このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第20回

進化したOAタップが出張族の新定番アイテムに!?

電源とUSBハブが一体化した 「Unitap」(PPS-UTAP)がスゴイ!

2013年11月27日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

旅先での充電がとっても捗るアイテム

 ノートPC、スマートフォン、デジカメ、ICレコーダーなど……。出張などの用事で、泊りがけでどこかに出かける際に、こういったさまざまなデジタルギアを持参されるというユーザーは多いだろう。

 一方で、設備が古いビジネスホテルなどは、使える空きコンセントの数が少ない、ということもよくある話である。そこで旅慣れたユーザーなら、充電するためのコンセント数を確保するため“電源タップ”も併せて持っていくというユーザーも、少なくないのではないだろうか。

 今回、デジギア道で取り上げる、プリンストンテクノロジーから新発売されたOAタップ「Unitap」(PPS-UTAP)は、もちろん自宅やオフィスなどでも使えるが、そういった外出先へ持参したときに、より便利に使えそうなアイテム。なんとコンセントと共に、USBポートも付いているという、かなり変わったOAタップだ。

プリンストンテクノロジー「Unitap」(PPS-UTAP)。価格は3980円。

 外観はごくごく一般的なOAタップだが、本体の片方にはコンセントが、その反対側にはUSBポートを搭載。コンセントではノートPCなどの電源を取るいっぽうで、USB給電に対応しているスマホなどのデジタルギアに関しては、USBポートから充電……という風に使え、さまざまなデジタルギアを同時進行で充電することが可能だ。

 またUSBポートのうちのひとつは、急速充電が可能な2.1Aポートになっている。通常の500mAポートと比べて大幅な充電時間の短縮を実現しており、朝出かける前など、とにかく急いで充電したい、といった時に大いに重宝する。

急速充電に対応した2.1Aポートは側面に配置。通常のポートと比べ、約半分からそれ以下の時間で充電可能だ

 本体サイズは、3個口ぐらいの一般的な電源タップと同じ程度で、重さは約280gと、バッグの中に忍ばせても邪魔にならないコンパクトさ。加えて、接続機器の消費電力の合計が700Wを超えるとブレーカーが作動し電源が切れる「ブレーカーリセット機能」も備えるなど、安全面にも十分配慮された設計となっている。

「ブレーカーリセット機能」を搭載した電源スイッチ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン