このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第14回

懐かし映像のデジタル化からHDMI機器の録画まで!

HDMIでアナデジ化の幅が広がる「デジ造映像版HD」

2013年05月27日 12時30分更新

文● 真島 颯一郎 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アナログ機器の映像を簡単にデジタル化

プリンストンテクノロジーの「デジ造映像版HD PCA-HDAV」。直販価格は1万6800円

 プリンストンテクノロジーの「デジゾウ」シリーズは“初心者でもカンタンに”をコンセプトとして、ビデオテープやレコードなどのアナログ資源をデジタル化する製品から、パソコンを2画面にする製品まで、さまざまな製品が存在し、その名称も「デジ造」「デジ像」「デジ増」「デジ藏」「デジ操゛」など、じつに多種多様だ。

 今回取り上げるのは、そんな「デジゾウ」シリーズの新製品。HDMI接続に対応したビデオキャプチャーユニット「デジ造映像版HD(PCA-HDAV)」である。

 本体の手前側には、コンポジット、Sビデオ、コンポーネントといった、レガシーポートに加えて、HDMIといった最新のポートまで、さまざまな入力端子類がズラリと並ぶ。また、右側面には出力用のUSB端子が装備されている。

前面に入力インターフェース類(写真右)、右側面にはUSBポート(写真左)を備える。本体天面にある大きなランプは、通電時に光る

 フロント面にある豊富な端子類に、VHSビデオデッキや8mmビデオカメラなどアナログ機器を接続。そして、USBポートにパソコンに繋げれば、パソコンのディスプレーに、VHSビデオデッキや8mmビデオカメラの映像を映し出すことができ、その映像をパソコンにデジタルデータとして保存することができるのだ。

デジ造映像版HD(PCA-HDAV)の主な仕様
対応OS Windows 8(32/64bit)/7 SP1(32/64bit)/Vista SP2(32/64bit)/XP SP3(32bit)
動作環境 CPU:Dual Core以上、メモリー:1GB以上、ストレージ:20GB以上の空き容量、
グラフィック:DirectX 9.0c対応/VRAM 64MB以上搭載、
ディスプレー:32bitカラー表示対応(1024×768ドット以上)
対応機種 USB2.0ポートおよびDVD書き込み可能なドライブを搭載したWindowsパソコン
(インストールやソフト更新時にはインターネット接続環境が必要な場合あり)
入力解像度 HDMI:480p/720p/1080i、
コンポーネント:480i/480p/720p/1080i
出力フォーマット MPEG-TS
出力解像度 最大1080p
出力フレーム数 30fps、60fps(480p/720p入力時)
入力端子 HDMI、コンポーネントビデオ、Sビデオ、コンポジットビデオ、オーディオ
電源 USBバスパワー
サイズ/重量 幅139×奥行き84×高さ28mm(ケーブル部は除く)/約142g
直販価格 1万6800円

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン