このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第21回

ペンと紙はここまで進化した! 新世代の必携ツール登場!

浮かんだアイディアを逃がさないスタイラス「Jot Script」

2013年12月25日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

1.9㎜極細ペン先が示す大きな一歩

 Jotシリーズには、さまざまなバリエーションがあるが、今回発売された製品は「Adonit Jot Script Evernote Edition」(以下、Jot Script)だ。以前このコーナーで紹介した「Jot Touch 4」とは別なラインの製品にあたる(関連記事)。Jot Touch 4が絵を描くことに特化しているスタイラスペンであるのに対し、本製品は文字や図、メモを取るなど、いわゆる“普通のペン”として使用することを前提としている。

 
パッと見太めのボールペンだが、これが噂の最新スタイラスペン「Jot Script」 とてもスタイラスペンとは思えないようなスタイルだ

 見た目も普通のペンと変わらない。これがボールペンであれば“ちょっと太めのボールペンだなぁ”で終わってしまうが、Jot Scriptスタイラスペンなのだ。そこには、いままでクレヨンとかチョークなどと揶揄されてきたスタイラスペンの姿は微塵もない。やはりペン先1.9㎜というのはインパクトが大きい。“Pixelpointテクノロジー”を搭載したことで、この細さを実現したというが、まさにスタイラスペンの常識を超える設計だ。

ペン先は驚きの1.9㎜! ここだけ見るとホントにボールペンと間違えそう電池は単4電池を使用。セッティングも簡単だ。電源は一定時間使わないとオートオフ。節電対策も万全だ

 加えて、Bluetooth 4.0で接続することで、入力精度も高めているという。もちろんJot Touch 4に搭載されていたパームリジェクション機能も搭載しているので、画面に手を触れた自然な状態で書きこむことが可能になっている。使いやすさの大盤振る舞いである。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン