このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第22回

丸ごとバックアップして必要なデータだけ復旧できるバックアップ&リカバリーソリューション

XPからの乗り換えにも役立つ「datasaver S」

2014年01月27日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎 写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大切なデータを自動的にバックアップ

 パソコンを利用するうえで、常に気にかけておきたいのが、データのバックアップだ。とくにビジネスで利用している場合には必須の要件である。とはいえ、こまめにバックアップを実行するのは面倒な作業。ついつい、後回しにしがちな作業ではある。そこで利用したいのが、プリンストンテクノロジーの「datasaver S」だ。LAN上で繋がっている専用ストレージへ、自動的にバックアップを取ってくれる製品で、いちいちユーザーが作業をしなくても、しっかりとデータを保護してくれる。さっそく「datasaver S」をチェックしていこう。

登録したマシンのデータを定期的にバックアップできる「datasaver S」(DS-S-2T)シリーズ。データ保護のほか、データの引っ越しにも利用できる

OSも作成したデータもハードディスクを丸ごとバックアップ

 ハードウェアとしては、一般的なLANハードディスク(NAS)と似たものとなっている。3.5型のハードディスクユニットを2基搭載でき、2TBのハードディスクを合計2台使用したRAID 1の構成にしている。そのため一方のユニットが、万が一故障した場合でも、もう一方のユニットからデータを復旧できる。また、ハードディスクユニットは、手軽に取り出すことが可能で、ユニットの換装もしやすい。

ハードディスクユニットは、正面のパネル部分を押すと開き、簡単に引き出すことが可能だ

 バックアップは、パソコンのハードディスクをまるごとバックアップする方式。ハードディスクユニット単位でバックアップするため、ハードディスク内にパーティションが設定され、ドライブが分けられている場合でも、全ドライブをバックアップできる。そのため、ユーザーが作成したデータはもちろん、OSやアプリケーションもすべて保存。OSが不調になった場合でも、問題なく復旧できるのだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン