このページの本文へ

MontaVista LinuxがIntelのネットワークプロセッサをサポート

2002年03月02日 09時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米MontaVista Softwareは、組み込み向けディストリビューション『MontaVista Linux 2.1』が新たにIntel IXP2400/2800/425ネットワークプロセッサをサポートすることを発表した。

Intel IXPネットワークプロセッサシリーズは、パケット処理機能を強化したRISCプロセッサで、低消費電力と高い計算能力を両立させるXScale技術や、製品開発を促進するモジュラープログラミングのフレームワーク、パケット処理能力を高めるためのサブシステムといった要素で構成される「Internet Exchange Architecture」(IXA)に対応している。

米MontaVista Softwareは、Intel IXA Developer Networkのメンバー。IXAに最適化された開発ツールなどを含んだ、IXA 2400/2800/425ネットワークプロセッササポートは、『MontaVista Linux 2.1』のプロダクトサブスクリプション契約に基づき、米Intelが同ネットワークプロセッサをリリース後に提供される。

カテゴリートップへ

ピックアップ